松重豊らが大杉漣を病院へ…バイプレイヤーズ共演者が見守っていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

バイプレイヤーズである大杉漣が
急性心不全のためなくなった件。

徐々に詳細が明らかになってきましたが
どうやらバイプレイヤーズの
ドラマ撮影に大杉漣も参加。

その後腹痛を訴えて松重豊
関係者が付き添い病院へ。

その後テレビ東京の関係者や
バイプレイヤーズの共演者、
家族に見守られながら
なくなったとのこと。

今回は松重豊が大杉漣の病院に
付き添ったことや
2人の関係についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■松重豊らが大杉漣をつれ病院へ

大杉漣がなくなったことが
報じられたのは2018年2月21日。

大杉漣は急性心不全で
午前3時53分になくなった事が
所属事務所の
公式ホームページにて発表。

その後詳細が報じられ、
松重豊や大杉漣の
「バイプレイヤーズ」出演者達は

2018年2月20日にドラマ
「バイプレイヤーズ
~もしも名脇役がテレ東朝ドラで
無人島生活したら~」
の撮影に参加をしていました。

そして撮影終了後に食事をとっていた
大杉漣が腹痛を訴えたため
松重豊と関係者が
付き添って救急病院へ。

その後にテレビ東京の関係者や
バイプレイヤーズでの共演者、
そして家族に見守られて
なくなったとのこと。

2018年2月21日には
バイプレイヤーズの第三話が放送。
大杉漣の家族や事務所、
キャストの意向もあって
予定通り放送がされました。

松重豊含むバイプレイヤーズの
共演者からはコメントが
出されています。


 

【スポンサーリンク】

 

■大杉漣は直前まで元気だった

大杉漣は一週間前にも
バイプレイヤーズの
撮影に参加をしており
オフショットが掲載されています。

大杉漣は前述のように
レギュラーとして
「バイプレイヤーズ」に
出演をしてますが

ぐるナイの人気コーナー
「ゴチになります!」も
レギュラーとして出演。

2018年2月22日の
ゴチになります!は
家族や事務所の了解を得た上で
予定通り放送をされ、
翌週以降は検討中であるとのこと。

また、バイプレイヤーズの
ドラマについても翌週以降は
検討をしているようです。

2018年2月28日に4話、
2018年3月7日に最終回の5話が
放送予定でしたが…。
 

【スポンサーリンク】

 

■日経夕刊にも記事が

また、大杉漣は
2018年2月19日の日経夕刊にも
「演じることは生きること」
として記事が載っており

撮影中は毎夜飲み会をして
必ず割り勘であると
仲の良さを語っていました。

■松重豊と大杉漣は対談をしたばかり

大杉漣と特に
仲の良かったのが松重豊。
実は2018年2月14日にスポニチにて
対談を掲載しています。

バイプレイヤーズでは
アドリブが多いのですが

大杉漣がジャブを飛ばすことを
松重豊が暴露。
その他にも様々な事を話して
和気あいあいと対談をしています。

そして松重豊は映画デビューを
黒沢清監督の
「地獄の警備員」で果たし、
大杉漣と初共演。

その時に大杉漣が
現場の空気を作ってくれて
偉ぶることもなく、
自然体でいたことに感動。

その経験が現在の映画や
映像の仕事の指針に
なっているとのこと。
松重豊は大杉漣について
以下のようにも語っています。

「本当に大杉さんがいたおかげ」
「ずっと背中を見続けていたので、
この道を信じていけば、

何とか僕も役者を続けて
いけるんじゃないかと
思ったんですよね」

「27歳で僕がそういう経験を
させていただいたのは、
大杉さんとの出会いがあったから」
「これだけで1冊の本が
書けますよね」

是非とも全て読んで欲しい。
スポニチの対談へのリンクは
以下になっています。

■スポニチ対談・前編
■スポニチ対談・後編

■おわりに

松重豊は大杉漣と
仲が良かったというか
映像の中で生きる、
俳優の在り方を学んだ大先輩。

そんな大杉漣がなくなったことで
松重豊が大丈夫なのか
個人的にとても心配。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.