宮崎謙介の現在は離婚せずに再構築で実業家となっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

妻の金子恵美衆院議員のために
男性ながら育休を取得する意向を示し
一度はイクメン議員として注目を浴びた宮崎謙介

しかしその後、妻の金子恵美衆院議員が
出産のために入院していた時に自宅マンションに
女性タレントを招き入れて宿泊したと報じられ
離党届を提出し受理されています。

現在は離婚せずイクメンとしてきちんと子どもの世話をしており
更には実業家としての面も覗かせています。

今回はそんな宮崎謙介の
不倫騒動とその顛末のおさらいと
現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■宮崎謙介の不倫騒動

宮崎謙介は金子恵美衆院議員と2015年5月19日に再婚をし、
2015年12月に育児休暇を取得する旨を発表し
育児休暇のあり方について
衆院規則改正を検討すべきだなどと一石を投じました。

しかし2016年2月には週刊文春により
宮崎謙介が自宅マンションに
嫁である金子恵美衆院議員が出産のため

緊急入院をしていた
2016年1月30日から31日にかけて
女性タレントを招き入れていたことが発覚。

宮崎謙介は事実関係を認め
議員辞職する意向を発表しており
2016年2月16日に宮崎謙介は議員辞職をし、
自民党本部に離党届を提出して受理されています。

一時は離婚危機かという話も出ましたが
宮崎謙介によると当時はどう思っていたかはわからないが
金子恵美衆院議員は離婚しようとは思ってなかったと
言ってくれているとのことです。
 

【スポンサーリンク】

 

■宮崎謙介の現在

そうして宮崎謙介の辞職のきっかけとなった
週刊文春に宮崎謙介が現在について告白。

現在は不倫相手とされる
元タレントの女性とは連絡はしておらず。

また、宮崎謙介は騒動後は暫く外に出ず
議員宿舎にこもりっきりで
テレビも消していたとのことです。

不倫騒動からおよそ一ヶ月経ってから
嫁の金子恵美衆院議員の事務所の手伝いをし、
2016年11月には宮崎謙介が代表取締役の会社「8infinity」を設立。

騒動でふさぎ込んでいた宮崎謙介を支えたのが
お寺の住職や神社の宮司さんであったため
なんとか恩返しがしたいと思い

一般の人と神社仏閣の距離感を縮めるために
いわゆる現代版の寺子屋のような、
神社仏閣の場で子供たちに
プログラミングをして
自分たちでロボットを動かすという実習などをしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■宮崎謙介はセミナーをする予定だったが…

また、2017年9月5-6日に
宮崎謙介は「京都政務セミナー」で

「なぜ議員の不祥事が起こるのか」
「議員の常識・住民の非常識 言ってはいけない失言」
などの講演(受講料1万5千円)をするというチラシが
政党支部などに送られて発覚。

講演内容が講演内容だけに炎上してしまい
結果的にセミナーは中止。

このセミナーの主催者は
「しくじり先生」のようなものをイメージして
宮崎謙介に頼んだもののようで、
宮崎謙介が進んで開催したものでは無いようです。

■おわりに

宮崎謙介は現在政界復帰は考えていないとしており、
事業に力を注いでいるよう。

もちろん子どもの世話もちゃんとしており
離乳食作りやおむつの交換、
保育園への送り迎えをこなしているようです。

子どもの世話をきちんとするためにも
政界復帰は考えていないのかもしれません。

参考:週刊文春2017年9月7日発売号

2017年10月29日追記

宮崎謙介は2017年10月29日に
「サンデージャポン」に出演。
2016年2月に議員辞職してから初めての公の場であり、
出演した理由は嫁の金子恵美議員の選挙が終わったため。

不倫騒動について現在改めて謝罪をし、
嫁とは現在は良好な関係を築いているとしています。

追記おわり

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA