モーリー・ロバートソンの経歴と家族について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ショーンKの後任として
ハーバード卒の米国人、
モーリー・ロバートソン

4月4日深夜の報道情報番組
「ユアタイム~あなたの時間~」の
メーンキャスターになることが決定!

東大中退、そしてハーバード大卒という
超高学歴なエリート。
さすがに今回は学歴詐称がないでしょう。
学歴詐称問題で念入りにチェックしたはず!

今回はそんなモーリーロバートソンの
経歴と家族についてみてみましょう。


 

 

【スポンサーリンク】

 

 

■モーリーロバートソンの経歴

■生年月日:1963年1月12日
■出身国:アメリカ ニューヨーク
■職業:DJ,ミュージシャン、
ラジオパーソナリティ
ジャーナリスト、作家、通訳者

モーリーロバートソンは
医師であるスコットランド系
アメリカ人の父親と
毎日新聞記者の
日本人の母親を持つハーフ。

生後二ヶ月から幼稚園までは
サンフランシスコ在住。
1968年に広島に移住。
1975年にアメリカの
ノースカロライナ州に転居。
1977年にサンフランシスコへ転居。

1981年に東京大学理科一類に入学。
1981年7月に東京大学を中退し
1981年9月にハーバード大学へ入学し
1988年に美術学部を卒業。

こうみるとアメリカ→日本→
アメリカ→日本→アメリカと
2つの国をいったりきたり。
だからこそ普通の人よりは
視野が広いのかもしれません。

職業もすごく多彩で
マルチな才能をみせていますが
ハーバード大学在学時も
学部の専攻が変わっているんですよね。

入学当初→電子工学専攻予定
1982年→電子音楽研究
1983年→休学
1986年→復学し資格環境学専攻
1988年→美術学部卒業

私の知り合いのアメリカ人も
大学へは一年通って次の一年は
バイトと旅行だったりしてましたし
アメリカは日本よりも
休学復学が多いイメージ。

日本でもいることはいますけど
そんなに多くはないですよね。

しかしマルチな才能を持っていて
日本と海外の事情に精通してる
人材ってのは貴重。
 

 

【スポンサーリンク】

 

 

■モーリーロバートソンの家族

父親はトマスロバートソン。
医者で1968年から1976年まで
広島市の原爆傷害調査委員会の
研究医を務めたことがある医者。

母親はロバートソン黎子(旧姓:蒲田)
早稲田大学第一政治経済学部卒業。
毎日新聞の外信部記者。

妻は女優の池田 有希子。
モーリー・ロバートソンが制作する
ポッドキャスト「i-morley」に
レギュラーとして出演。
出会いも音声配信番組。

ごくせんの音楽教諭、
鰐淵 小百合などを演じた人ですね。

父と母の出会いは
1958年にヴァージニア大学に留学中に
トマスロバートソンと知り合い
1961年に毎日新聞社を退職して結婚。
モーリーロバートソンと
もう一人男子を儲けます。

母親のロバートソン黎子も
日米をよく行き来するため
そこで感じた違和感などを
本にしていますね。

モーリーロバートソンも
報道バイアスについて
よく批判をしていますし
日米両方をよく知る人にとっては
自明の事なんでしょうか。

最後にモーリーロバートソンには
弟はいるが詳細不明。
メディアに露出するような
仕事はしていないと思われます。

■おわりに

フジテレビの4月改編の
目玉である「ユアタイム」

メーンキャスターになった
モーリーロバートソンですが
情報番組でどれだけ自分の色を出すことに
なるのか気になりますね。

個人的にはフジテレビと
モーリーロバートソンの

芸風というか思想は
似てるとは思えないんですよねえ。
ユアタイムでもモーリー節が
炸裂することに期待!
 

 

【スポンサーリンク】

 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA