長沢広明が文春砲の女性問題により議員辞職か。文春の報道前日に辞職会見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

公明党の長沢広明復興副大臣が
文春砲によって女性問題が
発覚し議員辞職をしました。

今回は長沢広明の文春砲による
議員辞職の経緯などについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■長沢広明について

名前:長沢広明(ながさわ ひろあき)
生年月日:1958年8月19日

長沢広明は5歳の頃に父がなくなり、
家に残ったのは母と4人の子供。
女手一つで子供を育てる
母の助けに少しでもなればと
小学生のときには家の内職を手伝い

工業高校時代もアルバイトをして
ジャーナリストを目指して勉強。

そして東洋大学を卒業後、
長沢広明は1983年に公明新聞の記者となり

2003年10月に公明新聞を去り
2003年11月には公明党の公認で
衆議院議員総選挙比例代表
北関東ブロックで立候補し当選。

2016年8月には復興副大臣に
就任をしていました。
家族構成は妻と1男2女の5人家族との事。

■長沢広明の女性問題

長沢広明は2017年9月24日に
週刊文春の文春砲により約30歳離れた女性を
長沢広明が済む千代田区の議員宿舎に
毎週のように宿泊させた事について
取材をうけています。

週刊文春によると
山尾志桜里衆院議員の
不倫疑惑報道直後の週末や
衆院解散が報じられた当日
も会っていたようです。

そして長沢広明は女性に
カードキーを渡していたことまでも発覚。

そして週刊文春は公明党本部に
2017年9月25日に長沢広明の
女性問題について取材があり発覚。

2017年9月25日に
井上義久幹事長に事情を説明し
議員辞職の意志を伝えたとのこと。

2017年9月26日には長沢広明は
上記女性問題の責任を取り公明党を離党、
議員を辞職し復興副大臣も辞任することを
会見で発表しました。

また、この会見では長沢広明は
2017年5月に知人女性に議員宿舎の
カードキーを預けた事を認め長沢広明は自ら
「清潔を旨とする党議員として責任を取る」
としています。
 

【スポンサーリンク】

 

■長沢広明の女性問題で見る公明党の危機管理能力

長沢広明の議員辞職の流れは物凄く早い。
文春砲で女性問題の詳細が
発表される前に一部の事実を認め
公明党を離党し議員を辞職して
責任を取っています。

そして現在では長沢広明の
公式サイトとツイッターは消えており
公明党の所属議員からも削除済み。
この潔さは凄い。

■おわりに

公明党の支持母体の学会は
婦人部の意向がとても強いとされています。
選挙の時に最大の貢献をしてくれるのは
婦人部であるので
女性問題はとても嫌っています。

そのために長沢広明の女性問題が
文春砲で詳細に書かれる前に
長沢広明を離党と辞職させ、

公明党のクリーンであるというイメージを
保ちたかったのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA