流しカワウソ動画(市川市動植物園)が可愛すぎる。詰まる時も

市川市動植物園で恒例となっている流しカワウソ
2012年から通年でやっていますが
全てはカワウソ次第の流しカワウソ。

今回はそんな流しカワウソの動画
(詰まる時も…)などについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■流しカワウソの経緯

流しカワウソが始まったのは
開園25周年の2012年。
何かコレまでと違う展示に
するために市川市動物園の飼育員である
水品繁和さんが考えたとのこと。

当初からカワウソたちが遊んで
流しカワウソとなったというわけではありません。

カワウソたちがきちんと
流しカワウソになるように
傾斜をゆるくしたりパイプを増やしたり、
立体交差するようにしたり
階段を設置するなど試行錯誤。
その結果流しカワウソとして完成。

流しカワウソ効果で話題になったためか
市川市動物園の来園者は3割増加。
 

【スポンサーリンク】

 

■流しカワウソの動画

流しカワウソの動画は
市川市動物園の公式ツイッターや
Youtubeなどで公開されています。

こちらはツイッターでの動画。
流しカワウソの1場面といった感じ。
まさに原点。シンプルイズベスト。

また、流しカワウソと言うからには
夏しかやってないの?とも
勘違いしてしまいがちですが
冬でも流しカワウソはしています。
冬でもメッチャ元気なカワウソ。

とはいえやはり見てる分にも
寒く感じてしまうので
流しカワウソが話題になるのはやはり夏。
 

【スポンサーリンク】

 

■流しカワウソだって詰まる時はある。

前述の流しカワウソ動画は
基本的にはきれいに流れています。
では毎回きれいに流れて
くれるのかというとそうではなく。
あくまでもカワウソの気分次第。

そして複数のカワウソが
同時に流れると詰まることも。
下記動画では詰まる場面がいくつか…。

ちなみに市川市動物園の公式ツイッターでは
詰まるカワウソたちの画像が
これでもかと公開されています。
詰まってこっちを見る二匹。

大量に詰まるカワウソたち。

流れても詰まっても
それはそれで。
ちなみに運が良ければ
カワウソと握手が出来るところも。

これまた流れるかどうかと同じく
握手できるかどうかも
すべてカワウソの気分時代ですけれど。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

実は市川市動物園の
流しカワウソは海外でも
話題になったことが。
話題になったのはやはり夏。
2014年7月、こちらの動画の
0:50頃から紹介されています。

ちなみに流しカワウソは
基本的に餌の前は積極的に見られるものの
食事後はおとなしくなる傾向がある様子。

コツメカワウソは水路など狭い場所で
エサを食べるそうなので
その影響もあるのかもしれません。
…いや単純にお腹いっぱいになったら
眠くなるだけかもですけど。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください