日大記者会見での司会者が大きく話題に。報道陣とやり取り

2018年5月23日20時から
突然開始された日大の
内田正人前監督、
井上奨コーチの会見。

会見の中身自体も
なかなかなものでしたが
司会を務めた人物に注目が。

今回はそんな日大記者会見での
司会の発言などについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■日大記者会見の経緯

2018年5月22日に
日大の宮川選手が
実名・顔出しで会見。

2018年5月23日16時には
文春オンラインにて
内田正人前監督が
ラフプレーを容認したかのような
音声の一部が投稿。

全編は2018年5月24日に
文春にて公開される
予定であるとしました。

そんな中、2018年19:45頃には
20時から内田正人前監督、
井上奨コーチが会見を
開くことが明らかに。

日大記者会見の
動画はこちらとなります。

そのような中で
内田正人前監督、
井上奨コーチの発言にも
もちろん注目が集まりましたが
日大広報部である
司会者についても注目が…。
 

【スポンサーリンク】

 

■日大記者会見での司会者

日大記者会見では
質問者が続けて何度も質問をすると
「もうやめて下さい」
「終わりです」
「同じような質問です」
などと遮る場面が多く見られました。

上記動画1:37:30頃からの
やり取りは以下の通り。

記者:認識の違いとは言え
矛盾が生じている事は
事実だと思います。

今、宮川選手はこの会見を
おそらく見ていると思います。
恩師に対して裏切られたと
思っているかもしれません。

今までの一連の発言に関して
監督をかばうような形だったり
忖度をしていたり、
嘘を言っていないと
胸を張って言えますか?

井上奨コーチ:
はい。実際私は怪我をさせるために
彼に伝えたのではございません。
彼を試合でチャレンジさせるために
かけた言葉です。

記者:ということは宮川くんとの
感覚のズレがあるということで
このまま平行線をたどるかもしれない。

彼のアメフト人生を結果的に
奪っているかもしれないんです。
現在、それに対して
心の痛みはありませんか?

■司会者:
すみません、
仮定の質問はちょっと
やめて下さい。

もうこれで9:30過ぎましたので
これで終わりにしたいと思います。

記者:同じ社で質問が
回ってしまっているので
全然質問回ってない
ところがあるので
一人一問にしますので
お願いします。

刑事事件にも
なっているような話なので
こちらもちゃんと短くしますので。

司会の方じゃなくて監督に決めて
もらいたいんですけども。
会見を続けるかどうか。

内田正人前監督:どうぞ。

■司会者:もう少し、
一人一問にして下さい。

 

【スポンサーリンク】

 

■大荒れになった司会者の発言

その後も司会者は以下のように発言。
特におおあれとなったのが
上気動画で1:46:05頃のやり取り。

「もうやめて下さい」
「これ以上やってるとキリがない」
「同じ質問が
繰り返されているので」

「これで会見の質問は終わり…」

そして記者が司会の発言に
かぶせるように
「違う質問をします」と発言。

それに対して司会は
「違う質問なら良い
というものじゃありません」
というように発言。

ちなみにその質問は
内田前監督の常務理事を
今後も続けるのか、
という進退のこと。

それに対して司会者は
以下のように答えています。

「それはまだ後で
言うといいました」
「今はやりません」
「今やっていただきますから」

「そういう質問
さっきから出ているので」
「後ほどと言ったので」
「これで終わりにします会見は」

(後ほどとはいつか、
という質問に対し)

「え?」
「後ほど、今からやります」
「記者会見はこれで終わります」
「内田前監督から進退について…」

「だから全員からは
聞けないんですよ」
「十分聞きました」

(この会見はみんな見てますよ、と
記者が食い下がる)
「見てても見て無くてもいい」
(笑い声が上がる)

「みんな同じ質問を…」
「すでにもう十分…」
「やめてください!
あなた発言するの」
「これだけ聞いたら十分ですよ」

「これから進退について
お話してもらいます」
「もうしゃべらないで下さい」
(再び笑い声が上がる)

「監督、そろそろ終わりに
したいと思いますので
今後についてお話下さい」

(記者が話の後に
質問の時間をもうけるのか質問)
「しません」

そして1:48:19からが
一番大荒れとなりました。

「司会者のあなたの発言で
今日大のブランドが
落ちてしまうかも
しれないんですよ」

という発言に対し司会者は
「落ちません」と即答。

ネットでも記者会見の場でも
どよめきが起こりました。

■おわりに

司会者については
メディアも注目をしていたのか
サンジャポの記者が
司会者の真横にいて
司会者のマイクを向けている姿が。

日大広報部は2018年5月22日、
宮川選手の会見の内容に対して
20時頃に反論コメントを出し
「QBを潰せ」というのは

ゲーム前によく使う言葉であり
思いっきり当たれという意味であり
誤解を招いたとコメント。
この反論は大きく話題になりました。

そのような事もあり2日連続で
日大広報部は話題に
なったということに。

2018年5月27日のサンジャポでは
司会者について
特集が組まれるのかも…?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください