尾畠春夫さんの経歴が凄すぎた。表彰歴もある捜索ボランティア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

山口県の行方不明2歳児を保護した
捜索ボランティアの尾畠春夫さん

実は大分県に住んでおり
表彰歴も有るほどの熟練の男性。

今回はそんな尾畠春夫さんの
経歴についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■尾畠春夫さんの経歴

名前:尾畠春夫(おばた はるお)
年齢:78歳(2018年8月時点)

尾畠春夫さんはなんと
ボランティア歴20年以上。
元々大分県別府市で鮮魚店を
営んでおり、40歳の時に登山を開始。
58歳で北アルプスの55山を単独制覇。

その後ボランティアで由布岳の
登山道を整備するために
月に7-8回ほど40キロもの
材料を担いで整備、
案内板の設置を行っています。

2004年の新潟県中越地震でも
ボランティア活動に参加をし
その際は師匠と呼ばれていたとのこと。

そして66歳で鮮魚店を引退。
2006年4月1日に鹿児島県から
北海道まで日本列島を
徒歩で横断する旅に出て
3ヶ月かけ2006年7月1日に
約3000キロを歩き制覇。

そして2011年の東日本大震災の際には
宮城県でがれきの中から
アルバムなどを探す活動である
「思い出探し隊」の隊長として活動。

大分と宮城を車で往復し
400日以上支援活動をしています。

そして2015年の東日本豪雨、
2016年の熊本地震にも趣き
車中泊をして作業に参加。

ちなみに熊本地震の際に
尾畠春夫さんは
元建設作業員と紹介され
ボランティア12人を統率していました。

また、尾畠春夫さんは大分県から
理布岳登山道整備活動により
作戦功労者として表彰をされています。

他にも2016年12月に大分県佐伯市で
2歳の女の子が行方不明になった際にも
尾畠春夫さんは捜索隊に参加。
 

【スポンサーリンク】

 

■尾畠春夫さんの動画

尾畠春夫さんは
2018年8月12日から
行方不明になっていた
山口県の2歳児を

大分県から到着しわずか30分
(20分から40分との情報もあります)で
発見し一躍注目を集めました。

その理由としては
2016年12月に大分県で
2歳の女の子を探した時の経験が
活かされており、
子供は上に上がるという事を
知っていたため。

ちなみにこの時は
尾畠春夫さんが
発見をしたわけではなく、

29歳の男性が捜索隊が
探していない山林に
自らの判断で入り発見。

2018年8月16日追記

また、活動費は年金であり
自家用車に食料や水、
生活用品を詰め込んでいて

自己完結するのが
真のボランティアであると
語っています。

追記おわり
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

尾畠春夫さんは予め家族に会って
「直にお渡しします」と
約束をしていたとのこと。

そのため警察が来て
行方不明2歳児を
「渡してください」と
来たもののそれを拒否。

何か罰を受けたとしても
直接母親に行方不明2歳児の
顔を見せると約束しており
その初志を貫徹。

また、尾畠春夫さんは
2016年の熊本地震の際には
初対面のボランティアメンバーにも
厳しく接しており、
その理由を以下のように語っていました。

「自分は嫌われてもいい」
「これまでの体験を伝えることで
ボランティアが育ってくれれば」

個人的には尾畠春夫さんが
とても凄い人物であり
経歴や実績も現在の所
表に出ているものだけでも
凄いのは確か。

ただしその比較として
他の捜索隊の方が全くの無駄だったと
まるで引き立て役のように
語られてほしくはないなぁと
ちょっとだけ心配。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. さらに より:

    ちなみに奥様は他の魚店で働かれていた方です!

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください