大山照羅(大山倍達の孫)が薬で逮捕。1月に有罪判決を受け執行猶予中

空手バカ一代の主人公としても有名な
極真空手の創設者である大山倍達

そんな大山倍達の孫、
大山照羅が薬にて
短期間で薬んいより二度逮捕を
されていたことが明らかに。

2019年2月に薬で逮捕をされた時は
執行猶予中でしたが…。

今回は大山倍達の孫が
薬で2回逮捕をされた
ことについてみてみましょう。


 

 

■大山倍達の孫、大山照羅

名前:大山照羅(おおやま あきら)
韓国名:崔元鍚(チェ・ウォンソク)
生年月日:1997年3月24日

極真空手の創設者である
大山倍達には3人の娘がいます。

今回薬で逮捕をされたのは
三女である大山喜久子の
息子である大山照羅。

母親である大山喜久子は
幼少期から日本と海外で過ごし
動物の倫理的扱いを求める
人々の会などに積極的に参加。

現在は「大山倍達が築いた
極真空手を守る」と言う姿勢で活動をし
一般社団法人国際空手道連盟
大山倍達極真会館の理事長。

大山照羅は大山倍達の孫として生まれ
大山倍達の偉大さを後世に伝えるため
MASコイン(Mas Oyama Coin)という
仮想通貨の製作をしており役職としては

一般社団法人国際空手道連盟
大山倍達極真会館の理事及び
Mas Oyama Coin最高統括責任者
というものになっています。
 

 

■大山照羅が薬で逮捕

そんな大山倍達の孫、
大山照羅が薬で逮捕をされたのは
2019年1月のこと。

大山照羅が逮捕をされたきっかけは
同棲女性からの通報。

大山照羅が同棲していた女性を殴り
女性が通報したところ、
薬の反応が出て逮捕へ。

この時に大山照羅は14歳の時に
初めて薬を使ったと容疑を認めました。
判決は懲役1年6ヶ月、執行猶予3年。

■2回目の逮捕

そして2019年2月26日に
乗用車を運転していた大山照羅は

パトロール中の警察官により
不審であると判断され職務質問。
その際に薬とみられる
乾燥した植物辺やパイプが
発見をされます。

更には尿検査でも陽性反応で
現行犯逮捕。

大山照羅はこの薬について
自分のものではないとして
容疑を否認しているとのこと。
 

 

■MASコインにも疑問の声?

大山照羅は前述のように
大山倍達の孫として
極真会館が発行元である
MASコインの責任者。

仮想通貨として話題にはなったものの
上場予定は未定であり
50人以上のMASコイン購入者が
3000万円以上の返金を
求めている問題も発生中。

大山照羅が薬で逮捕され
判決が決まった後には
返金はしたいがマスコイン自体が
どうなるか決まらない限り
明言は出来ないとも語っています。

■おわりに

大山倍達の孫である
大山照羅が薬で二度目の逮捕。

単純に創設者の
孫であるだけではなく
現在も極真会館の理事。

さすがに極真会館も
近く何らかのコメントを
出すことになるのでしょうか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました