雨柱が凄い!?関東地方各地で目撃情報が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

積乱雲から降下する雨の柱である雨柱
読み方は一般的に「あめばしら」。
今回はそんな雨柱についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■雨柱が発生しているのは主に関東地方

積乱雲から降下する雨が
遠くから見るとまるで雨の柱かのように見える現象の雨柱。

2016年8月1日は関東で
そんな雨柱の目撃例がとても多い。

8月2日までの総雨量が120ミリになるとも予想されていて
渇水なので雨自体は
ありがたいっちゃありがたい
のですが
なんだかとても極端な天気となっております。

雨柱を見てもわかるように
雨が降っていなくても黒い雲が近づいてきたら
あっというまに濡れネズミになってしまう恐れが。
 

【スポンサーリンク】

 

■雨柱の画像

では最近目撃された雨柱について見てみましょう。
私のところは起伏が激しいところでしたので
雨自体は振りましたが雨柱は目撃できませんでした。

■おわりに

甲府市では10分間で28.00mmに達するほど
猛烈な雨が降ったという。
ちなみに観測史上一位。

雨雲が狭いエリアに集中しているため
雨柱の存在を知覚できて
雨が振りながら近づいているのがわかるという。

空を見ていれば雨柱の存在がわかって
雨が振っているかどうかは読みやすいため、
雨柱が近かったら素直に雨宿りをしたほうがしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA