渋谷、ハロウィーン2019には逮捕者が…2020年はどうなる?

ニュース

2018年のハロウィンでは軽トラを横転させたとして逮捕者も出たことをうけ、2019年のハロウィーンでは1億円以上をかけて対策をしていた渋谷区。

しかし軽トラほどのインパクトはないものの渋谷ハロウィーン2019年も結局逮捕者が出てしまいました。今回はそんな渋谷ハロウィーン2019の逮捕者についてみてみましょう。 

 

渋谷ハロウィーン2019年も逮捕者

出典:Youtube

渋谷ハロウィーン2019には逮捕者が現在の所二人。一人はハチ公周辺で窃盗未遂で19歳の自称大学生の男が。もうひとりは女性の体を触った疑いで自称私立大学生18歳の男がそれぞれ現行犯逮捕。上記画像は渋谷のライブカメラのキャプチャ画像であり、ライブカメラの動画は以下の通り。

テレビ朝日 渋谷LIVEカメラ

かなり混雑しているため、このような結果になってしまったようで…。2018年ほど大きな混乱はありませんが、それでも逮捕者が出たことに変わりはなく、今後の渋谷ハロウィーンがどうなるかは不明。 また、窃盗だけでも4人の逮捕者が出ているとも一部で報じられています。

   

2018年の渋谷ハロウィーンには軽トラ横転で逮捕者

2018年の渋谷ハロウィーンで逮捕者として大きく報じられたのはやはり軽トラ横転事件。関与したのは4人だけではなくそれ以上のおよそ15人。

しかし特に悪質だった4人が逮捕をされました。軽トラの4人が逮捕されたのは2018年12月5日。2018年11月1日時点では痴漢や窃盗、暴行などの容疑で13人が逮捕されています。

そのようなことを考えると2019年渋谷ハロウィーンは逮捕者の数は少なくとも現時点では2018年より少なく穏やかと言えます。また、全体的にもお酒が入っていないためかゴミの数も少ないとの指摘も。 

 

渋谷ハロウィーンの逮捕者についてのネットの反応

渋谷のハロウィーンでの逮捕者が出たことについては以下のような反応が。

  • この騒ぎは定着しないで欲しい
  • 災害でお祭りを自粛する必要はないとは言うけど、警備に1億円か…
  • 近隣の店は誰も入らなくて開店休業で困る
  • もう渋谷センター街立入禁止で良いんじゃない?
  • いっそスクランブル交差点やセンター街を整理すれば良いんじゃない?
  • 一億円被災地に送ってほしいな
  • 一億円投入しても結局逮捕者出ちゃうんだ…
  • 経済効果と費用対効果考えると廃止と存続どっちが良いのかな

渋谷のハロウィーンは2018年よりも2019年のほうが遥かに穏やか。しかしそれでも身動きがとれないほど混雑するのは変わらず、それを狙った人がいて逮捕されてもいます。

こうなると1億円を使って逮捕者が減った、このまま毎年1億円使って存続しようとなるのか。それとも思ったより効果がないからばっさり締め付けよう、となるのか。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました