首里城正殿と北殿が全焼で骨組みが…首里城祭期間中

ニュース

首里城の正殿と北殿が火災により全焼。首里城祭の期間中でしたが…。今回は首里城の正殿と北殿が全焼してしまったこと、骨組みが見えてしまっている画像。首里城祭の期間中であることなどについてみてみましょう。 

 

首里城正殿と北殿が全焼してしまう

出典:NHK

首里城は沖縄県那覇市にある世界遺産。2000年に認定された首里城は一時は戦時中に焼失。しかし徐々に再興をされておりまさに沖縄のシンボル。

そんな首里城が火事だと第一報があったのは2019年10月31日の午前2時40分頃。その後首里城火災の画像や動画がSNSなどで大きく拡散。現在は首里城正殿及び北殿は全焼。現在も南殿など火が燃え広がっているとのこと。骨組みも見えて焼け落ちてしまう首里城の動画。

 

 

首里城の火事の画像の流れ

首里城正殿が火災となった画像で分かりやすいものなどはこちら。

首里城正殿の火災に最初に気付いたのは警備員、警備システムのセンサーに熱反応があり確認した時点ですでに炎上していたとのこと。 

 

首里城祭の開催中だった

首里城は実は2019年10月27日(日)から2019年11月3日(日)の一週間にかけて「首里城祭」が丁度開催されていた所でした。これは琉球王国時代の儀式を再現するというイベント。実際に2019年10月31日未明まで、催しの準備が行われていたとのこと。

首里城祭で27日から30日まで行われていたのは「伝統芸能特別講演」「組踊まちがい探し」「組踊ペーパークラフト」の3つ。2019年11月1日からはその3つに加えて「国王・王妃出御」「琉球泡盛の粋 in 銭蔵」の2つ。2019年11月2日にはそれに加えて「万国津梁の灯火」「首里城公演・式典 琉球舞踊と組踊」の2つが開催。

この中で「万国津梁の灯火」は首里城公園内に明かりとキャンドルを設置するというものですが…。

出典:首里城祭HP

火と関連するものはこちらですが…。こちらの準備をしていた関係で何かが起こってしまったのでしょうか。警察や消防が火が出た原因を調べているとのこと。

   

首里城正殿の全焼に関するネットの反応

首里城は2019年10月31日6時30分頃にはすでに南殿も炎上中。けが人は現在の所情報はなく、消防車両が40台出動をしているとのことですが…。

  • 首里城めっちゃ燃えてる…
  • 首里城全焼って本気でよくない事続いてる
  • 行ったことあるから素直に心が痛い
  • ノートルダム大聖堂も燃えたし今年はなんなの
  • 国宝の寺とか消火設備あると思うけど首里城はなかったの?
  • あとは南殿しか残ってないのか…
  • 朝から首里城火災とかまじやめて
  • 沖縄復興のシンボルだと思ってたからキツイ

首里城は木造建築なんですよね…。2017年には首里城の守礼門や鐘のレプリカに油のような液体が付着した事件がありましたが関連性はあるのでしょうか。原因がはっきりしないとモヤモヤしてしまう。首里城は2018年11月には首里城の漆などの塗り直しが完了したばかりですのに。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました