谷垣禎一は現在痩せていた。頸髄損傷で復帰できず後継者のポスターにて確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自民党前幹事長で趣味のサイクリング中に転倒をしてしまい
頸髄損傷で幹事長を辞任し、
衆議院議員総選挙までに回復が間に合わず
現在は政界を引退することを発表谷垣禎一

後継者である自民新人の本田太郎のポスターにて
谷垣禎一と握手をしている写真が使われ、
実に1年3ヶ月ぶりの姿を見ることが出来ます。

今回はそんな谷垣禎一が
趣味の自転車で頸髄損傷をして
およそ1年3ヶ月経過した現在について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■谷垣禎一の自転車事故

谷垣禎一が自転車事故で
転倒して入院をしたのは2016年7月16日。
当初は軽傷という発表で
大事を取って入院とされていましたが

2016年7月26日には谷垣禎一は
頸髄損傷であり復帰の目処はたっていないとされました。
そうして2016年8月には谷垣禎一は幹事長を辞職し療養へ。

週刊新潮の2017年3月9日号によると
2016年10月には都内の
「初台リハビリテーション病院」に移り
リハビリに専念。

谷垣禎一は転院当初は
スプーンを持つことも出来なかったものの
2017年3月時点ではタブレットの操作はできるように。

そして2017年6月にはリハビリに専念して
復帰に向け準備をしているとメッセージを寄せ
秋口には復帰をする可能性を示唆していました。
 

【スポンサーリンク】

 

■谷垣禎一の現在

谷垣禎一は2017年9月25日に
政界を引退する以降を正式に発表。

解散と総選挙が早かったために
現在はまだリハビリが不完全であり
中途半端な形で議員を続けることはできないとし
政界からの引退を決意したようです。

また、谷垣禎一の後継者としては
自民新人の本田太郎が存在。

ポスターにも谷垣禎一と握手をしている写真を使用し
「私の後継者は本田君です」という一文も添えてあり
後継者としてアピールをしています。

この写真が撮影されたのは2017年9月28日、
場所は東京都内のリハビリ施設。
現在の谷垣禎一の姿が見られる写真ということに。

■谷垣禎一の後継者の本田太郎について

名前:本田太郎(ほんだ たろう)
生年月日:1973年12月1日
出身:京都府向日市

本田太郎は中学時代はアメフト部で
ランニングバックを担当。
1994年には東京大学法学部に入学し
1998年には東京大学大学院法学政治学研究科に。

現・シティグループ証券や
マネックス証券での勤務を経て
2004年に早稲田大学ロースクールへ行き
1年生の時に学生結婚。

2008年には弁護士登録をし
2015年に府議に初当選。

2017年9月24日に自民党京都府連にて開催された
谷垣禎一の後継者を決める公募選考委員会にて
本田太郎が選ばれて正式に谷垣禎一の後継者となりました。

■おわりに

現在の谷垣禎一の写真を見ると
やはり痩せている感じは否めません。

2017年8月には退院の許可も出ており
帰宅に備えて自宅のバリアフリー化を

進めているともしており、
少し痩せたものの健康診断での悪い数字も改善し
すっかり健康体になったとも語っていました。
解散と総選挙がもう少し後の時期でしたら
政界に復帰をした谷垣禎一の姿を見ることが出来たのでしょうけれども…。

思わぬ形で谷垣禎一の後継者となった本田太郎。
プレッシャーが物凄いかと思います。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA