有働アナ「あさイチ」最終日に声出ず。地震や国会中継などハプニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年3月30日を持って
「あさイチ」を卒業する
有働アナと井ノ原快彦。

二人が出演する最後の
「あさイチ」であるものの
有働アナは声が殆ど出ず、
かすれ声で登場をするという。

有働アナの声が出づらい状態の他にも
地震のニュースや
国会中継で通常よりも
短い放送などハプニングが相次ぎました。

結果的にはとても印象深い
最終回になったわけで、
有働アナも何かを持ってます。

今回はそんな有働アナと
井ノ原快彦が出演する最後のあさイチでは
有働アナの声が出なかったり
ハプニング続きだったことについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■有働アナの声

有働アナと井ノ原快彦が
卒業となった
2018年3月30日放送のあさイチ。

本来は8:15ー9:55ですが、
この日は8:15-8:55の放送時間と、
普段より短め。

そんな中、井ノ原快彦が
番組冒頭で有働アナに話を振るも
声の出ない有働アナ。

NHK解説委員の柳澤秀夫が
「(有働アナは)声がでない」と代弁。
有働アナは「出る」と
声を発すもかすれ声。

実は井ノ原快彦らと共に
昨日は打ち上げをしていたようで
そのせいで声がでないよう。

そのため有働アナではなく
井ノ原快彦がナレーションをしたりと
超自由な状態に。
ちなみにこの日のテーマは
「引き継ぎの極意」
 

【スポンサーリンク】

 

■地震のニュースも…

ちなみにそんな有働アナの
声がでないというハプニングで始まった
あさイチ最終回。
開始2分後に福島や茨城で
震度4の地震が発生。

開始4分時点で一時的にに
ニュースセンターからの放送に
5分間切り替わるなど、
声が出ない以外にも印象的な出来事が。

■おわりに

有働アナは「ちょっとだけ
ロスになってほしいと
思ってた」と明かしたり

柳澤秀夫が「ロス、ロスって
ニューヨックって言ってみるんだよ」
と場をかき乱したり、

最後には井ノ原快彦が
「みんな大好き、ありがとう」
「4月からもシクヨロ!」

と挨拶をして締めたりと
なんとも濃ゆい終わり方。

引き継ぎの博多華丸・大吉、
近江友里恵アナらは
なんともプレッシャーがすごそう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください