植松仁が現在逮捕されていた。二度の所属企業倒産の悲運のアスリート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

長野五輪銅メダリストの植松仁
逮捕されていたことが発覚しました。

逮捕容疑については
一部否認をしていますが…。
今回は植松仁の現在についてと
逮捕された容疑についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■植松仁について

名前:植松仁(うえまつ ひとし)
生年月日:1974年6月21日
出身:岐阜県

植松仁は5歳からスケートを始め、
ショートトラック
スピードスケート選手として
1994年から実業団選手として活躍。

1998年に行われた長野五輪で
男子500メートル銅メダルを獲得。

2000年にはプロ競輪選手として
Sクラスに所属をしますがその後引退。

私生活では2003年に結婚をし
3児の父となっています。

■植松仁の現在

植松仁はアスリートとして
引退してから一般企業に勤務していますが

実は高校卒業して就職前に会社が倒産。
その後別の会社に勤務しながらスケートをし、
長野五輪でも銅メダリストとなりますが

長野五輪が終わってから
半年後には会社が倒産。

有志による募金などで現役を続行し
次の五輪も目指していましたが
生活が厳しく現役続行が不可能に。

その時に日本競輪学校が
メダリストを対象に選抜試験を
していたために競輪への転向を決意。

しかし練習のしすぎで
肝臓疾患を起こしてしまい
スポーツの世界で活躍は
難しいとし引退を決意。

そして植松仁は自転車店に勤務をし、
その後は航空機部品会社に就職。

2014年9月には「Katati Brain」を
岐阜県に設立して独立。

植松仁自らが二回も所属企業の
倒産の憂き目にあった事から
アスリートのセカンドキャリアを
支援する目的の会社。

ただ社会貢献としてアスリートを
採用する制度に甘えるのではなく
アスリートも企業の成長に貢献できる
「アスリート人材」として
能力を備えるべきだという考え方。
 

【スポンサーリンク】

 


■植松仁の逮捕容疑

植松仁の逮捕容疑は
2017年4月14日朝に名鉄金山駅から
知立駅に向かう電車内で
女性の足に体液をかけた疑い。

植松仁は車内で体液を
出した事自体は認めたものの
かけるつもりはなかったとして
容疑を否認しています。

■おわりに

植松仁はスケート選手時代に
所属企業が二度も倒産の憂き目にあい
競輪選手に転向をして
練習のし過ぎで身体を壊し、
一般企業に就職を考えた時には

選手時代の実績は評価されず
無職扱いにされてしまったという。

そのように植松仁はとても苦労をしたため
アスリートにとってセカンドキャリアは
かなり重要なことを痛感。

そのため植松仁と同じように
仕事で苦労せず、
アスリートが普通の人と同じように

仕事を選べるようになって欲しいとして
現在も活動をしていました。
しかし逮捕されてしまうとは…。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください