山尾志桜里は離婚協議中…倉持弁護士は12月に離婚で元妻が激白

2017年9月に週刊文春が
山尾志桜里と倉持麟太郎弁護士の
ダブル不倫疑惑を報じてから約半年。

倉持麟太郎弁護士は離婚をし、
山尾志桜里も離婚協議中
という状況ですが

倉持麟太郎弁護士の元妻が
週刊文春にて当時の
自宅の異変について
語りました。

今回は山尾志桜里と
倉持麟太郎弁護士の
不倫疑惑のおさらいと
離婚したことや離婚協議中という
二人の状況についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■二人のダブル不倫疑惑

山尾志桜里と倉持麟太郎弁護士の
ダブル不倫疑惑については
2017年9月7日発売の週刊文春にて
詳細に書かれています。

倉持麟太郎弁護士は当時の嫁が
一過性の脳梗塞の兆候があったため
当時の嫁に子供をつれて実家に
療養することを提案。

当時の嫁は2017年8月中旬から
2017年9月2日まで
実家に帰っていました。

そして少なくともその期間に
倉持麟太郎弁護士と
山尾志桜里は確認できただけで
少なくとも週4回は会っていた事が
確認されたとのこと。

最初に山尾志桜里はホテルには
一人で泊まった、
打ち合わせや作業であると
説明をしましたが

文春の第二弾では
2017年9月2日、
山尾志桜里が幹事長に
内定した日の夜に

二人は都内の高級ホテルに入り
山尾志桜里が倉持麟太郎弁護士を
招き入れた写真が掲載。
 

【スポンサーリンク】

 

■山尾志桜里が離党

山尾志桜里は2017年9月7日に
「男女の関係はない」としたものの
報道で党に迷惑をかけるとし
民進党に離党届を提出。

2017年10月22日の衆議院議員総選挙で
無所属で立候補し834票差で当選。
2017年12月26日に
立憲民主党に入党をしています。

■離婚協議と離婚

実は山尾志桜里議員は
2016年末から夫と離婚を考え
離婚協議中であることが
明かされていました。

そして離婚を相談していたのが
倉持麟太郎弁護士という形に。

一方で倉持麟太郎弁護士も
2017年12月7日の週刊文春にて

嫁と離婚をしたこと、
病気療養中であるため
子供の親権は倉持麟太郎弁護士に
渡ったことが明かされています。
 

【スポンサーリンク】

 

■元嫁が告白

そして2018年3月21日に
文春オンラインにて
倉持麟太郎弁護士の元嫁が
文春にて当時のことを告白。

どうやら山尾志桜里は
倉持麟太郎弁護士と元嫁の
寝室にはいったことがあったようで
そのことが一番傷ついたとしています。

このことについて倉持麟太郎弁護士は
離婚の経緯は口外しないことを
約束しているため回答は差し控えるとし、

山尾志桜里は
倉持麟太郎弁護士の離婚については
何も答えることはなかったとの事。

また、小林よしのりは
倉持麟太郎弁護士の離婚について
二人の関係は冷え切っていたため
山尾のせいではないと
言及をしています。

■おわりに

山尾志桜里は2017年11月8日には
倉持麟太郎弁護士を
事務所の政策顧問として招いたことを
自ら取材に明かしています。

その際に山尾志桜里は以下のように
言葉を発していました。

「男女の関係を否定したことすら
本来答える必要はなかった」
「むき出しの好奇心には屈しない」

山尾志桜里は以前、
育休を宣言しながら
嫁の金子恵美の

妊娠中に不倫をしていた
宮崎謙介議員(現在は辞職)を
厳しく批判をしていました。

そのことさえなければ
うなずける部分もあるのですが…。

ちなみに金子恵美と宮崎謙介は
2017年12月に二人でTV番組に
出演をするなど再構築に至っています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください