ゆうきゆう(マンガでわかる心療内科の原作)が文春砲で女性関係を暴露されたが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マンガでわかる心療内科の原作者であり
ゆうメンタルクリニックを
2008年に開院したゆうきゆう

私もWeb漫画を多く読んでいた時期があり
個人的には漫画としては
かなり好きな部類でした。
そんなゆうきゆうが
文春により女性関係を報じられましたが…。

今回はゆうきゆうが文春により
どのように報じられたかについてと
ゆうきゆうの反応について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ゆうきゆうについて

ゆうきゆうは神奈川県出身で
東京大学理科III類(医学部)に現役入学。
東京大学医学部医学科に進学して卒業。
1年目は東大病院で働き、
2年目は千葉にある精神病院に出向。

2000年頃には「ゆうきゆう」
としてメールマガジンを作り
その後にホームページを開設。

2008年にゆうメンタルクリニックを開院し、
それとほぼ同時にホームページで
心理学をギャグ漫画で紹介などして人気に。

また、ゆうきゆうは大学時代は
漫画研究会に所属し
1年だけ部長もしていましたが

「マンガでわかる心療内科」などは
あくまで原作者であり
作画担当は「ソウ」で別人。

本人曰く絵の才能が無いと思って
原作担当になったとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■ゆうきゆうの文春での報道

ゆうきゆうは2017年10月18日に
翌日発売の週刊文春により
女性関係を報道されています。

このことについてゆうきゆうは
自らのサイト
「ゆうきゆうの心理学ステーション」にて

現在確認できる情報を見る限り
事実に反する内容が含まれているため
対応を弁護士と検討しているとのこと。

そのためまだ情報が正しいかは不明というのを
念頭に置いてから以下の週刊文春の
内容を見てみてください。

2016年1月30日に
心理学の抗議のイベントで
A子さんと出会う。
半年ほどA子さん
はゆうきゆうとメールのやりとりをし

2016年9月初旬のA子さんの18歳の誕生日に
2人で初めて会う。
それからは交際をし週に1~2度ほど会うように。

ゆうきゆうは他の女性とも交際をしており
他の女性からの連絡がきっかけで
A子さんの精神状態が悪化した。

ゆうきゆうの担当弁護士は
ゆうきゆうが医療業務を
通じて知り合った患者と
個人的なやりとりをしたことなどは
無いとし、A子さんに対して
回答の可否の問い合わせをしている。

■おわりに

最近は見ていないとはいえ
一時期はゆうきゆうの漫画はよく見ていたため
今回の文春の報道についてはちょっと懐疑的。

ゆうきゆうは漫画でも度々Y医師として
モテないエピソードを紹介していましたし。

文春本誌で物証というか
もう少し詳細な情報がないと
ちょっと信じきれないというのが個人的な感想。

以前好きだった漫画なので
ゆうきゆう寄りに
なってしまっているのは否定できませんが。

…まぁ学生時代はともかく、
現在は東大出身の医師でクリニックの院長ですし
モテる要素は普通にありますよね。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA