安達巧(レスリング)が告発状のB氏。文春にて経緯を明かしていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

伊調馨と栄和人監督を巡る
パワハラ疑惑。

きっかけは伊調馨が
関与をしていない、
内閣府に提出された告発状。

そこでは匿名のB氏とされていた
安達巧が週刊文春にて
顔出し実名でインタビューに答えています。

安達巧はパルセロナ五輪代表で
栄和人監督の高校、
大学の後輩という間柄。

今回はそんなレスリングの
安達のプロフィールと
文春にて明かした
経緯についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■安達巧のプロフィール

名前:安達巧(あだち たくみ)
生年月日:1966年4月11日
出身:鹿児島県

安達巧はレスリング
オリンピックの元日本代表。

鹿児島県商工高校から
日本体育大学を出ており
栄和人監督の高校、大学の
後輩でもある間柄。

現役時代は安達巧と栄和人監督は
闘ったこともあり
1990年の世界選手権では
62kg級で4位となっています。

安達巧は1992年に
バルセロナ五輪に出場をし
シドニー五輪、アテネ五輪、
北京五輪では支援コーチを
務めています。

1999年から2009年には
日本体育大学のレスリング部監督、

1999年から2008年に
日本レスリング協会の
ナショナルコーチに就任と
現役引退後は後進の指導に
専念をしています。

そして2010年4月には
日本文理大に職員として赴任をし
2010年10月1日に
日本文理大の監督に就任。

2011年5月には安達巧が
監督として就任し2大会目にして
優勝を飾り、2014年に終了。

2015年からは
JR新大久保駅の近くにある
GENスポーツアカデミーで
安達巧はレスリング部代表として
トレーナーを務めているようです。
 

【スポンサーリンク】

 

■告発状の経緯

伊調馨のパワハラ疑惑について
きっかけである告発状は
安達巧が実際に経験した内容を
弁護士に作成してもらったとの事。

告発状では同じく匿名であった
A氏こと田南部コーチから
相談を受けており、

伊調馨が練習を再開するために
誰かが声を上げるなら今しかないとして
立ち上がったとのこと。

■週刊新潮では異説も…

栄和人監督のパワハラ疑惑について
週刊新潮は違った角度から
情報を出してきました。

週刊新潮は栄和人監督に
パワハラ疑惑について取材をし、
実は伊調馨の従兄弟と確執があり、

そのことが原因で
謀られたのではと思っているという。
大まかな内容は以下の通り。

現在40代前半の伊調馨の
従兄弟、I氏が
看護支援団体が主催の
ナースのファッションショーに

「栄和人監督は馴染みだから
ゲストとして呼べる」として
100万円で契約を結んだ。

しかしI氏は栄和人監督のギャラとして
50万円が更に必要だと語った。

イベントの主催団体が栄和人監督に
直接交渉をすると
その分は無しでゲスト出演へ。

そのことでI氏は
顔を潰されたとして
栄和人監督の逆恨みを
買ってしまったのでは、と
気にしていた。

 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

週刊文春は伊調馨寄りで
安達巧のインタビュー等を掲載。

一方週刊新潮は栄和人監督寄りで
伊調馨の従兄弟に
焦点を当てています。

レスリングのパワハラ疑惑問題は
一体どうなるのか…。

しかしどちらにせよ告発状自体には
伊調馨は全く関わっていないわけで
様々な人物が介入して
ややこしくなっていますね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください