ラミレス監督が日本国籍取得申請中。現在の嫁と子供も生まれていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在はDeNAのラミレス監督として
おなじみのアレックス・ラミレス。

現在日本国籍を取得する考えで
2018年中には手続きが
完了する見込みとなっています。

将来的な夢は侍ジャパンの
監督だということで
日本人として日本野球界に
尽力をするとのこと。

今回はそんなラミレス監督の
現在の嫁との結婚や子供について、
そして日本国籍の
取得状況についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ラミレス監督の元嫁

ラミレス監督は18歳の時に
当時32歳であった
エリザベスさんと知り合います。

当時のエリザベスさんは
13歳の長男ダニー、
10歳の次男ジュニアがいるシングルマザー。

当時マイナーリーガーであり
ベネズエラからアメリカに来た
ラミレス監督は銀行に行きますが
スペイン語しか話せず言葉が通じず困窮。

そこでエリザベスさんが
スペイン語でラミレス監督に
助け舟を出し
ラミレス監督は一目惚れ。
子供が二人おり、長男とは5歳しか
違わないため

ラミレス監督を好きになるのを
ためらっていたものの
実際にラミレス監督と子供を会わせると
すぐに打ち解けて
その姿を見てエリザベスも決心し
1994年2月4日に結婚。

そしてエリザベスはラミレス監督の
技術に口出しをし
それに対して「君が打ってみろ」と
発言してしまいます。

そしてバッティングセンターに行くと
華麗に珠を打つエリザベス。
実はエリザベス、高校時代は
ソフトボールの選手。

1998年にメジャーリーガーになり
エリザベスさんは仕事をやめて支えるも
成績不振で出現回数が低下。
2000年にヤクルトに誘われ、

ラミレス監督は迷っていたものの
エリザベスさんに話すと
「日本についていく」と
背中を押してくれたという。

そしてラミレス監督のパフォーマンス、
ゲッツもエリザベスがアドバイスしたもの。
 

【スポンサーリンク】

 

■ラミレス監督は離婚も…

そして2009年には
ベスト・ファーザー賞も
受賞したラミレス監督ですが

2014年5月から別居をし、
2014年11月には
エリザベスさんが事実を公表。
2015年3月に離婚が成立をしています。

離婚理由に関しては
2014年5月に心が粉々に
砕け散った出来事が発覚し

人生の中で最も過酷な
時期を過ごしてきたとのこと。

■ラミレス監督の再婚相手の嫁は日本人女性

そしてラミレス監督は
2015年4月23日に結婚。
再婚相手は7歳年下の
日本人女性で美保夫人。

■子供の出産もツイッターで報告

そしてラミレス監督は
2016年1月4日にツイッターを更新し
子供の剣侍(けんじ)君を紹介。
子供の誕生日は2015年4月21日とのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■日本国籍取得へ

ラミレス監督は2015年に
日本人の嫁と結婚をし子供も授かり
これからは身も心も日本人となり
日本野球界に人生を捧げる覚悟とのこと。
将来的には日本代表の監督を目指しており

1年半前から日本国籍取得の
申請手続きを開始しており
書類は審査済みで残るは最終面接。
2018年中には許可が
おりる見込みとなっています。

■おわりに

ラミレス監督の嫁のイメージは
エリザベスさんというのがとても強く
現在小さい子供がいるのを
つい忘れがちになってしまう。

現在の嫁のエピソードが
あまり出てこないのも
その理由かもしれません。

元嫁のエリザベスさんは
なんだかんだかなり強烈な
キャラクターでしたし。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.