曹貴裁監督にパワハラ疑惑。コンプライアンス問題浮上と報じられる

2012年から湘南ベルマーレの
監督である曹貴裁監督
そんな曹貴裁監督にパワハラ疑惑が。

確かに前々から曹貴裁監督は
熱い言葉を投げかけるタイプの指導者。
曹貴裁監督は湘南ベルマーレの
躍進の功労者ですが果たして…。

今回は曹貴裁監督の
パワハラ疑惑についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■曹貴裁監督のパワハラ疑惑

曹貴裁監督のパワハラ疑惑が
報じられたのは2019年8月12日。
曹貴裁監督からコーチングスタッフや
選手へのコンプライアンス上の
問題が浮上したとのこと。

報道によると曹貴裁監督は
少なくとも2018年2月から2019年7月までの間に
選手やスタッフにパワハラを繰り返し
うつ病などを発症した関係者もおり
「ライザップ」の関係者によると

ライザップから2019年1月に
出向したスタッフは
2019年6月に湘南ベルマーレを
離れたとされています。

曹貴裁監督が行ったと言われる
パワハラは現在発覚している中で以下の通り。
複数人の前で以下のような発言。

「どれだけ無能なんだ」
「お前は嘘つきだ」

また、机を叩いたり
扇風機を蹴るなどの行為も日常的。
 

【スポンサーリンク】

 

■口論もあるDVDが発売されていた

曹貴裁監督は湘南ベルマーレの監督に
2012年から就任しており、
これは湘南ベルマーレ史上最長。
湘南ベルマーレは1シーズンごとに
チームの舞台裏を描くイヤーDVD
「NONSTOP FOOTBALLの真実」を発売。

2018シーズンである第五章は
2019年3月に発売されていました。
こちらがその動画の一部。

こちらのDVDではロッカールームで
選手たちが激しく口論する様子、
そして曹貴裁監督も激怒する様子などが
隠さずに映し出されており
発売当時は絶賛されていました。

今回の曹貴裁監督のパワハラ疑惑が
本当であるとすると
これも全員が全員納得をして
曹貴裁監督の指導を
受け入れていたというわけでは
なかったのでしょうか。
 

【スポンサーリンク】

 

■曹貴裁監督は言葉の力を深く考えていた

曹貴裁監督が大事にしているのは「一期一真剣」。
選手と話すときは必ず自分の言葉で
話すことを重視しており、

相手の人格を傷つけるようなきつい言葉を
発してその後に「俺の本位じゃなかった」
と言っても通用しない、
言葉は人を表すすべてだと断言。

言葉は危険なものであり
その人なりに喋れば伝わるという
信念があることを2019年2月には
中日新聞のインタビューで答えています。

また、パワハラ問題についても考えており
曹貴裁監督はパワハラ問題について
以下のようにインタビューで告白。

「人と人との関係の中で
パワハラというのは常に起こりうる」
「微妙な人間関係をいかに
突き詰めていけるか」

上記インタビュー全文は
下記中日新聞へのリンクから。

こうみると曹貴裁監督は
厳しい指導法であることは自覚しつつも
微妙な人間関係を突き詰めて
いっていたように思えるのですけれども。
 

【スポンサーリンク】

 

■3人を謹慎処分に

2018年6月6日の天皇杯2回戦後の
曹貴裁監督の監督記者会見では
以下のようにコメントをしていました。

「今年の大卒の3人、松田天馬、鈴木国友、
山口和樹、(中略)あの3人は
まったくダメでした」

「プレーがダメではなく、
状況によって自分のサッカーに対する
意識を下げてしまう」

この時の曹貴裁監督のコメントの真意は
曹貴裁監督の目線から言うと彼らはゆるく、
成長させるためには会見で言及し
ニュースになり、世界の目を彼らに向かわせて
成長を促したかったとしています。

そして曹貴裁監督は3人に
自宅謹慎を命じますが
3人はグラウンドに来て
3人なりに考えたことを話し
それを聞いた曹貴裁監督は
練習の参加の許可を出しました。

3人は最終的には
自分で考えて選手としての
自覚を持ったとのことで
曹貴裁監督の狙いは当たったようです。

■おわりに

実際の所選手と指導者の関係で
パワハラかどうかというのは
線引が難しい気もします。

結果だけを見ると曹貴裁監督は
とても優秀な監督ですしね。

前述のようにDVDでも口論や
激怒など、感情が高ぶる様子を
見せていたので外野からは

それでも一丸となって曹貴裁監督の
指導についていくという
イメージが強かっただけに
今回のパワハラ疑惑については驚き。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください