藤田菜七子の落馬が目立つのは本人の注目度が高いからだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

しばらくぶりのJRA生え抜きの
女性騎手として活躍をし、
ホリプロともマネジメント契約を
している藤田菜七子

ニュースで落馬をよく見かけてしまいますが
それは単に藤田菜七子本人の
注目度が高いからではとも。

今回はそんな藤田菜七子の
落馬について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■藤田菜七子について

名前:藤田菜七子(ふじた ななこ)
生年月日:1997年8月9日
出身:茨城県北相馬郡

藤田菜七子は小学5年生の時に
テレビで馬を見てかっこ良いと思い
騎手への道を歩み始めます。

中学校を卒業後に
2013年に競馬学校32期生として入学し
卒業後の2016年に騎手免許を取得。

藤田菜七子はJRAでは
16年ぶりの女性騎手誕生として
大きく話題になりました。

また、2016年4月には藤田菜七子は
JRAで未勝利の新人ながらも
ホリプロとマネジメント契約をしたことも
話題となっています。

■藤田菜七子の落馬

藤田菜七子が落馬をしてしまったのは
ニュースになっているだけで
以下のように5回。

2016年4月13日:船橋で1回。
2016年4月23日:東京で1回。
2016年7月6日:兵庫で1回。

2017年8月26日:新潟で1回。
2017年10月15日:東京で1回。

2016年4月9日の中山でも
ゲート・インする前に
振り落とされていたこともあるようです。

こう見ると落馬回数が
多いように思われてしまいますが
単純に藤田菜七子は注目度が
高いためではないかとされています。

もちろん注目度が高いがゆえに
地方競馬にも出場する機会が多く、
どうしても体力や集中力の消耗が
激しいというのもあるのでしょうけれども。
 

【スポンサーリンク】

 


■藤田菜七子の同期も落馬を…

藤田菜七子の同期である
坂井瑠星は大井競馬のトップジョッキー
坂井英光を父に持ち、
そして落馬が多いことで知られています。

関西所属の新人騎手では最多勝で
中央競馬関西放送記者クラブ賞を
受賞する新人王。

しかしなんと同じ馬、
サンシャワーから
3度も落馬をしてしまっています。

1回目:2016年8月27日に札幌で放馬。
2回目:2017年4月30日に新潟で放馬。
3回目:2017年7月16日に札幌で落馬。

また、1度目は同じ日に別の馬で放馬をし
同日に2回放馬もしてしまっています。
坂井瑠星は2017年7月16日の落馬時点で

サンシャワーに乗ったのは6度。
そのうち3回落馬に
見舞われていると言うので
正直サンシャワーとの相性も悪そう。

更には坂井瑠星は他にも度々
落馬をしているとのことですが
藤田菜七子とは違い
ニュースには殆どなりません。

■おわりに

藤田菜七子の凄いところは
複数回落馬をしても空手が初段など
身体面が強いからか大きな怪我に
見舞われていない所。

とはいえやはり落馬には
十分に気をつけたほうが良いのは
確かですが。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA