吹石一恵の父、吹石徳一氏は現在社会人野球の日本新薬監督で活躍中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

吹石一恵が福山雅治との子供を
出産してから初めて表舞台に登場。

吹石一恵が福山雅治を見事射止めることが出来たのは
父、吹石徳一から受け継いだ
勝負強さのおかげではないかとも言われています。

今回はそんな吹石一恵の父である
吹石徳一についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■吹石徳一について

名前:吹石徳一(ふきいし とくいち)
生年月日:1953年4月2日
出身:和歌山県日高郡南部川村

吹石徳一は1974年にプロ野球ドラフト会議で
近鉄バファローズに4位指名を受けて入団。
1978年に一軍に定着をし
1988年のシーズン終了後には現役を引退しています。

1989年から近鉄が消滅する2004年までは
コーチ、スカウトとしてチームに貢献。
2005年からは東北楽天の近畿地方のスカウトを担当。

2012年には楽天を退団し、
2013年には日本新薬硬式野球部に復帰してアドバイザーへ。
2014年から2016年はヘッドコーチとなり
2017年1月には監督に就任したことが明らかになっています。
 

【スポンサーリンク】

 

■父、吹石徳一から受け継いだ吹石一恵の勝負強さ

父の吹石徳一は俊足・堅守な選手であり
指定打席には一度も到達をしていないものの

1000試合出場をし、1980年の
日本シリーズ第二戦では逆転3ランを放つという
ここ一番の勝負強さを見せたりと、
記録よりも記憶に残る選手。

そんな吹石徳一を父にもつ吹石一恵も
1997年に恋愛ゲーム「ときめきメモリアル」の
映画化作品でメジャーデビューをし、芸能生活は20年。

華々しいスポットライトを
常に浴びてきたような経歴ではないものの
福山雅治を見事に射止めたのは
まさに父譲りの勝負強さ。

また、吹石徳一の長男は甲子園に出場、
次男は社会人野球チームでエースとして活躍するなど
父親の勝負強さは子供たちにそれぞれ引き継がれているよう。

■おわりに

吹石一恵は2016年12月22日に
子供を出産したと明らかにしています。
ただし、出生日や性別は明らかにしていません。

そうして出産以来初めて
公の場に姿を見せたのが2017年7月12日。
また、福山雅治は出産に無事立ち会えたようですが

父である吹石徳一は2017年1月時点では
まだ娘の吹石一恵にも、孫にも会えておらず
東京には吹石一恵の母だけが向かって
サポートをしているという。

さすがに2017年7月現在では
吹石徳一は娘と孫の姿を見ることは出来たでしょうけれど
初めて会ったのがいつかが気になる所。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA