日馬富士は引退の可能性も…過去に朝青竜が引退の前例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

貴ノ岩の怪我での休場が
日馬富士によるものが
原因だったと報じられ
角界が騒然としています。

日馬富士本人も事実関係を
認めて謝罪をしており
このままですと引退の可能性も…。

実際に過去には朝青龍が
同じように一般人相手に
暴行をしたとして引退をした前例が。

今回は日馬富士の引退の可能性について
過去の朝青龍の引退からみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■日馬富士の貴ノ岩への行動

九州場所を貴ノ岩が
怪我で休場している問題については
簡単にまとめると以下の通り。

2017年10月26日に
モンゴル出身力士を集めた
秋巡業の後の酒席にて
日馬富士が貴ノ岩をビール瓶で殴打。

2017年11月5日から
2017年11月9日まで
福岡市内の病院に入院し
全治二週間の怪我。

2017年11月9日に
診断書が発行される。
2017年11月10日に
貴ノ岩が休場を発表。

2017年11月13日に
貴ノ岩の休場の理由が発覚。
全治二週間の怪我であるとされるも
怪我の原因が不明で憶測を呼ぶ。

2017年11月14日に
貴ノ岩の休場の原因となった怪我は
日馬富士によるものだと報じられる。

2017年11月14日、朝稽古後に
日馬富士は貴ノ岩を
殴打したことを認めて謝罪。

日馬富士は相撲協会に
休場を届け出る。

午後には伊勢ヶ濱親方と共に
貴乃花部屋へ謝罪に訪れるも
約束の時間に間に合わず
貴乃花親方は九州場所へ向かい
謝罪は出来ず。
 

【スポンサーリンク】

 


■貴乃花親方は被害届を取り下げず

貴乃花親方は2017年11月14日までに
鳥取県警に被害届を
提出していることを明らかにし
取り下げるつもりはないと話しています。

また、2017年11月13日時点では
貴乃花親方は貴ノ岩の怪我について
多くは語っていませんでした。

■過去には朝青龍も暴行事件で引退

元横綱の朝青竜は
2010年1月16日にはフライデーにより
酒によって暴れたと報じられ
厳重注意処分を受けます。

当初は朝青龍の個人マネージャーを殴ったと
されていましたが
その後週刊新潮により
別人の一般男性であると報じられます。

朝青龍は殴った記憶はないと否定をし
最終的には示談が成立するも

日本相撲協会は2010年2月4日に
朝青龍の事情を聞いた上で引退勧告をし
朝青龍が同日に引退。

■ダウンタウンなうで真相を…

暴行疑惑事件で引退をした朝青龍ですが
2015年10月16日には
「ダウンタウンなう」に出演。

引退の真相について告白しています。
このときに朝青龍は殴っておらず、
飲んでいて軽く当たっただけだと
語っています。

また、被害者だと言われている男性も
2011年には別件で逮捕をされており
六本木では有名な存在で
あったとされています。

■おわりに

朝青龍の引退の経緯となった事件は
罠にはめられたのでは、
という声も未だに多い事件。
しかし結局のところ事実がどうであれ

横綱は力量、品格ともに
抜群でなければならないという
横砂審議委員会の内規に抵触したために
引退となってしまいました。

すると今回の日馬富士の
貴ノ岩に対する行動も
内規に抵触するのはまず間違いありません。

そうすると引退勧告をされても
おかしくはありませんが…。

朝青龍が引退した時には号外がでるほど
世間に衝撃を与えましたが
今回もそのようになってしまうのでしょうか。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA