日馬富士事件で引退勧告前に引退の意向。真相発覚前に自主的に会見へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

横綱日馬富士が平幕の貴ノ岩に
暴行をした日馬富士事件

日本相撲協会は真相究明中であり
真相が発覚してから
日馬富士事件の処分を
決める方針であったものの
引退勧告の流れが濃厚でした。

しかし日馬富士は
引退勧告をされる前に
事件の責任を取って
自主的に現役を引退する意向を
固めたことを明らかにしています。

引退を届けた同日に
記者会見を開くとのこと。

今回は未だ真相は藪の中の
日馬富士事件についてと
引退についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■日馬富士事件の流れ

■2017年10月25日
貴ノ岩が鳥取市で
日馬富士に殴打される。

■2017年10月29日
貴乃花親方が鳥取県警察本部に
被害届を提出。
親方は相撲協会には報告せず。

■2017年11月2日
警察から相撲協会に
連絡が来て日馬富士事件を知る。
貴ノ岩の怪我の具合は軽いと判断。

■2017年11月10日
貴ノ岩の九州場所の休場が発表。
原因は書かれておらず憶測を呼ぶ。

■2017年11月13日
貴ノ岩が2017年10月26日に
怪我をしていて
数日間入院していたことが発覚。

提出された診断書に
骨折や髄液漏れの疑いがあったため
この時に相撲協会が事を公にする。

■2017年11月14日
貴ノ岩の怪我は酒席での
日馬富士の殴打が理由だと報じられる。
日馬富士も朝稽古後に事実を認め謝罪。

貴乃花親方は被害届を
取り下げることはないと対決姿勢。

■2017年11月22日
貴乃花親方が日本相撲協会からの
日馬富士事件の真相究明のための
貴ノ岩への聴取実施への
協力を拒否する。

■2017年11月26日
大相撲九州場所が千秋楽を迎える。
白鵬が40回目の優勝をし
優勝会見で日馬富士事件を謝罪。

日馬富士と貴ノ岩を
再び土俵にあげたいとし
観客に万歳三唱を呼びかけ音頭を取る。

千秋楽を迎えたことで
日馬富士事件の真相究明が本格化。

貴乃花親方は千秋楽後のパーティーで
被害届を出した理由を
支援者に向けて
貴ノ岩は怪我を隠していて
それを見つけて行動を起こしたと説明。

また、今後については
「正当に裁きをしていかなければならない」
と厳しい態度。

■2017年11月28日
日馬富士事件で同席した
横綱・白鳳が県警にて聴取。

一部メディアでは
モンゴル出身の元小結旭鷲山が
貴ノ岩とみられる人物の
怪我の写真を入手し報道。

医療用ホチキスで
10針程打たれている画像でした。

■2017年11月29日
日馬富士が引退の意向を固める。
日本相撲協会に引退を届け
その後引退について
記者会見を開く予定。

2017年11月29日15:40追記

日馬富士は師匠の
伊勢ヶ濱親方と共に
引退会見を14時から
福岡県太宰府市で行いました。

日馬富士はやっては
いけないことをしたこと、
相撲が好きであること、
相撲の名を傷つけないように
師匠に恩返ししたいこと、

今まで飲んで問題を
起こしたことはないことを
会見で明かしました。

伊勢ヶ濱親方は
自分の指導不足もあること、
殴打に至った経緯は
日馬富士に代わり捜査中のことなので
現段階では答えられないと答えました。

追記おわり
 

【スポンサーリンク】

 


■日馬富士事件で引退へ

日馬富士は引退勧告を受ける前に
自主的に引退をする
意向であることが発覚。

2017年11月27日には
引退勧告等を行うことの出来る
横綱審議委員会の定例会合で

日馬富士事件について
引退勧告をする可能性が
濃厚であったとのこと。

引退をするかどうかは
真相が究明されてからでも
良いような気はしますが…。

■おわりに

今回の日馬富士事件については
最初の情報と後から出てくる情報が
なかなかに違う。

まず日付自体も2017年10月26日から
2017年10月25日となっています。
これは単に日をまたいだか
どうかという話なのかもしれませんが。

最初はモンゴル人力士の集まりで
あったとされていたものの

貴ノ岩が鳥取城北高校のOBが集まるからと
声をかけられたとの事で
集まり自体が違うという。

そしていざ出席すると
鳥取城北高校とは無関係の
日馬富士、鶴竜の2横綱と

鳥取城北高校の相撲部とは
関係の深い白鵬の
合計3横綱が揃い踏みで半ばアウェー。

貴乃花部屋は基本的に
他の部屋の力士との
親密な交流を禁止しているので

もし日馬富士や鶴竜が
来ることを貴乃花親方が知っていたら
そもそも酒席の許可を出さずに
日馬富士事件は
起きなかったのかもしれません。

そのような事もあり
貴乃花親方は強硬姿勢を
取っていたのかなぁという印象。

しかし日馬富士の引退によって
真相もこれ以上は詳細には
明らかにならなそうで
どことなく消化不良。

ちなみに引退勧告を出されたのは
2010年の朝青龍の一例のみ。
とはいえ真相が微妙な事件でしたが。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください