今井遥が引退をインスタで報告。過去に先天性で膝や股関節の痛みも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィギュアスケートの今井遥
フィギュアスケート選手を
引退することを
インスタにて報告しました。

過去には膝と股関節に
先天性のものがあり
痛みのあまり歩くことも
できなかった時期も…。

今回は今井遥の引退と
先天性のものだと本人が語った
痛みについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■今井遥の引退

今井遥が引退を発表したのは
2018年3月1日の深夜にインスタにて。

中学生の頃に
全日本ジュニアに優勝をしたものの
その後はうまくいかないことの方が
多かったと振り返りつつも

2013年ソチ五輪の
代表選考会の全日本でのFSや
2014年の四大陸選手権のSPは
最高の演技ができたと語ります。

フィギュアスケートをしてきて
悔いはないとして
最後にファンへ感謝を告げました。

こちらが今井遥が
引退を発表した
インスタとなります。

View this post on Instagram

ご報告があります。 私、今井遥は3/3のイベントを最後に、 フィギュアスケート選手を引退することに致しました。 15年間、ここまでフィギュアスケートを続けられたのも、 家族や、コーチ、そして応援してくださった皆様のお陰です。 私自身、中学生の時に、よくわからないまま全日本ジュニアを優勝し、その後シニアに上がってからは、うまくいかない事の方が多かったと思います。 そんな中でも2013ソチオリンピック代表選考会だった全日本でのFS、また2014年の四大陸選手権のSPは私にとって最高の演技ができました。 試合や練習でうまくいかない時、 皆様から頂いたお手紙や、メッセージ、声援などに何度も励まされ、また次に向かって頑張る力を私にくれました。 辛い事、悲しい事もたくさんあったけど、その分嬉しかった事、幸せだった事もありました。 フィギュアスケートをやってて良かったと心から思っています。 長かったようであっという間だった15年間、 私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。 皆様、長い間たくさんの応援、 本当にありがとうございました。 今井遥

A post shared by Haruka Imai /今井遥 (@haruka_imai_831) on

今井遥の最後のイベントは
2018年3月3日に行われる
新潟のアサヒアレックスで行われる
スケートフェスティバル。

確かに今井遥はこのイベントを
インスタにて告知しているのですが
「9歳から15年間滑ってきた
スケート、私の集大成」
という表現をしています。

この時には今井遥は
すでに引退を決めていたんだなぁと。
ただ平昌五輪直前ということもあり
発表は控えていたのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 

■先天性のもので一時は歩けなく

実は今井遥は2016年10月から
両股関節と両膝に違和感が。

2016年11月の東日本選手権の
時には痛みが出てしまい、
その時は飛べないほどではないため
検査をせずに放置。

どうやら膝と股関節に
先天性のものがあったとのことで
その時に運悪く
発症をしてしまったという。

一時は悪化をしてしまい
滑るどころか歩くことも不可能に。
しかし治療やリハビリをして
2016年12月25日には
フィギュアスケート
全日本選手権に出場。

出場はできたものの
12月まではジャンプの練習もできず。

そして出場後はリハビリをしながら
フィギュアスケートを
取り組んでいると
試合後に答えていました。

完治はしておらず、
一生付き合っていかないといけないと
思っているとも発言が。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

今井遥は2017年9月に
東北、北海道選手権大会に出場も
膝に激痛が走り棄権をしています。

そして2017年10月には
練習をしていると
再び炒めたとのことで
東日本選手権を棄権することを
インスタで明かしていました。

今井遥が引退を報告するインスタでは
怪我のことについては
一言も触れていませんが
やはり怪我の影響が
あったということなのでしょうか…。

イベントなどには参加をしているので
全く滑ることができなくなった、
というわけでは無さそうですが。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください