イニエスタの移籍先は神戸で確定か。三木谷社長と2ショット!退団理由は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィジカルとメンタルのレベルで
チームに値するものを与えるのが
難しくなったことを
退団理由としたイニエスタ

移籍先については
様々な話が流れており
ヴィッセル神戸が移籍先として
有力と報じられるも
一時は移籍金の問題で
難しいのではともされていました。

しかしヴィッセル神戸の
経営母体となる楽天の
三木谷社長とツーショットを
それぞれツイッターに投稿しており

イニエスタの移籍先は
ヴィッセル神戸で
ほぼ確定的と見られています。

今回はそんなイニエスタの
退団理由とヴィッセル神戸への
移籍についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■イニエスタの退団理由

イニエスタは2018年4月27日に
会見を開いて今シーズンで
FCバルセロナ退団すると発表。

22年間過ごしたバルセロナを
退団する理由は、
心身ともに全盛期の
パフォーマンスを出せないこと
であるとしています。

退団理由はバルセロナが
嫌であるということでは
全くないため

移籍先についてはバルサとは
対戦したくないため
欧州クラブでプレーはしないと明言。
 

【スポンサーリンク】

 

■移籍は神戸に

そうしてイニエスタが
今後どこに移籍するのか
という話が大きく話題に。

イニエスタは日本や
オーストリア移籍の可能性が
あることを語り、
中国行きの可能性は
低くなったとしています。

そして2018年5月9日には
ヴィッセル神戸の
スポーツダイレクターが

イニエスタ獲得について
(年俸30億とも50億とも言われている)
「数字を見たら現実的ではない」
としてイニエスタ移籍については否定。

バルセロナの滞在は
認めてはいますがイニエスタへの
獲得オファーではないとし、
神戸への移籍の可能性は
低くなったとも見られていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■突然のツーショット

しかしながら2018年5月23日には
イニエスタがヴィッセル神戸へ
移籍すると関係者が認めました。

そしてヴィッセル神戸は
すでに外国人選手が埋まっているため
来シーズンからの外国人枠の緩和、
そして撤廃が実施される
見込みとであると報道。

イニエスタにヴィッセル神戸移籍は
ほぼ確実なものとなりましたが

2018年5月24日3:30~3:40に
イニエスタと楽天の三木谷社長が
それぞれツイッターにて
ツーショットを投稿。

新しい友だりを連れて
東京に帰ります、と語っているため
イニエスタのヴィッセル神戸への
移籍は確実なものとなりました。

ちなみにツイートは早朝にも関わらず
ものすごい数のいいね!と
リツイートがされています。

もちろんイニエスタの移籍について
注目をしているのは
日本人だけじゃないので
時間は関係ないのかもしれませんが。

■おわりに

イニエスタは2018年5月24日に来日し
東京都内で会見を行い、
2018年5月25日には神戸入り。

2018年5月26日に神戸で
お披露目が行われる
予定であるとしています。

イニエスタの移籍については
スペインのメディアによると
3年契約で年俸2500万ユーロ
(約32億5000万円)であるとのこと。

イニエスタが移籍した
ヴィッセル神戸の活躍が気になる所。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください