伊藤智仁のため野村克也監督は土下座をした説も…。現在は監督へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロ野球史上最高の拘束スライダー
を投げることが出来たと
言われている伊藤智仁

野村克也監督が何が何でも獲得し
新人王にも輝いて
驚異的な成績を残したものの

右肩の手術などを何度も受け
11年で現役生活を終え
まさに太く短い現役生活でした。

そんな伊藤智仁のために
野村克也監督は少しでも
現役を長く続行してほしいと
土下座をしたという説も…。

そして伊藤智仁は現在は
監督となり指導者として
野球に関わっています。

今回はそんな伊藤智仁についてと
野村克也監督がとある理由で
土下座をした説、
そして現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■伊藤智仁の入団

伊藤智仁は1992年の
バルセロナオリンピックで
野球日本代表に選ばれ
1大会27奪三振のギネス記録を達成。

そしてその年には
ヤクルト、カープ、オリックスが
ドラフト一位指名をし
ヤクルトスワローズに入団。

この年は松井秀喜もいて
球団スカウトは松井を
一位指名するべきと判断したものの

当時監督であった野村克也は
松井ではなく伊藤智仁を
指名しようと提案しその意志を貫きます。

そしてキャンプで初めて
伊藤智仁のスライダーなどを見て
すぐにプロで通用すると確信。

■高速スライダーの誕生

伊藤智仁の高速スライダーは
三菱自動車東京に入社して
同僚の永田晋一に伝授されたもの。

伊藤智仁は元々
「肩、肘、手首」の関節が
とても柔らかかったために
たやすく師匠超えをして

スライダーを覚えたことで直球も
140キロ未満から
140キロ後半に成長しました。

腕の振り方で見分けがつかず
ストレートと球速の差も
ほぼないスライダーは野村克也監督、

そして実際に球を受けていた
古田敦也の両名が
生涯最高の選手だと
幾度も発言しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■伊藤智仁の太く短い現役生活

そうして伊藤智仁は
1993年4月20日に初登板。
前半戦だけで7勝2敗、
防御力は0.91という脅威の成績。

そして1993年6月9日、巨人戦で
セリーグタイ記録の
16奪三振を新人ながら打ち立てます。

そして0-0のまま迎えた
9回裏2死で相手は篠塚和典を迎え
篠塚和典はタイムを頻繁に取り

1球も投げないうちに二度打席から外れ
伊藤智仁のリズムを狂わせます。
この理由は以下の通り。

「伊藤のリズムで
投げられたら打てない。

立ち位置を調整しながら、
自分のリズムに持ち込んだ」

そして伊藤智仁の150球目は
真ん中より高めに入って打たれ
篠塚和典のソロホームランで
サヨナラ負けに。

16奪三振をマークして
負け試合で終わったのは
伊藤智仁が初めて。
この時のヤクルト打線は
リーグ一位だったのですが…。

そして1993年7月中旬に
ひじ痛で戦線を離脱し
3ヶ月で戦線を褫奪しますが
新人王を受賞しています。

しかし1994年の春キャンプで右肩を故障。
1996年に復帰をし
1997年にカムバック賞を獲得をするも
1999年には血行障害のため右肩を手術。

2001年にもひじと肩の痛みが再発し
3度目の肩の手術を受けます。

■伊藤智仁のために野村克也監督は土下座説

2002年には右肩を亜脱臼してリハビリへ
その時に球団から引退勧告、
ヤクルト本社への
入社を勧められますが
伊藤智仁は現役続行を希望。

このときに野村克也監督も
ヤクルト本社に伊藤智仁の
希望を叶えてやりたいと
足を運んだとされており、

その時に土下座をしたという
話がでています。
その結果可年俸88%ダウンながらも
契約をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■伊藤智仁の現在

そして2003年10月25日、巨人戦では
かつて153kmだったストレートは109kmに。

この試合で降板し、その4日後の
2003年10月29日には
引退勧告を受け現役引退。

2004年からはヤクルトの
二軍投手コーチとなり
2008年には一軍投手コーチに就任。
2017年には退団を申し入れます。

そして2017年12月1日には
2018年シーズンから
ベースボール・チャレンジ・リーグの
富山GRNサンダーバーズ監督に就任へ。

また、2017年11月には
「幸運な男――伊藤智仁
悲運のエースの幸福な人生」
という伊藤智仁の本も出版されています。

■おわりに

伊藤智仁については
今でも野村克也監督は
ナンバーワン投手であるとしており
「俺が潰した」と悔やんでいます。

とはいえ伊藤智仁自身は
当時の主戦投手は自分と同じか
それ以上投げていたとしており

野村克也監督を恨むことはなく、
むしろチャンスをもらえて
気にかけてくれてもいたと語っています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください