関大コーチが疑惑に反論。織田信成のモラハラ告発で

織田信成のモラハラ告発にて
関大コーチがモラハラ疑惑について
文春オンラインにて反論をしました。

文春でモラハラ疑惑に反論をしたのは
本田真凜など名選手を指導してきた
濱田美栄コーチ。

今回は関大コーチの濱田美栄が
織田信成のモラハラ告発について
反論をしたことをみてみましょう。


 

 

■織田信成の退任

織田信成は2019年9月9日に
関西大学のアイススケート部の監督を退任。

この時には織田信成の事務所と
関西大学が話し合い、退任の理由について
「どんな理由を言って辞めても嘘になる」ため
「前向きな言葉だけで終わらせて欲しい」
として発表をするという
形にしてほしいと織田信成側が要請。

実際に関西大学は織田信成の退任理由について
公式サイトでは記述をしていません。

しかしデイリースポーツなど
一部報道では関西大学によると
織田信成の退任は「多忙のため」
であると報じられました。

■多忙理由ではないと反論しモラハラを告発

織田信成はコーチの退任理由について
多忙が理由ではないと
2019年9月29日にブログで反論。

織田信成が反論をしたのは
「多忙を理由に監督を
辞任したわけではない」とした理由。
報道の一部が事実ではなかったために
ブログで反論をしたとしています。

そして織田信成はスケートリンク内で
嫌がらせ・モラハラを受けていたこと。

その影響で2019年春から体調を崩し、
モラハラ行為に関する対応を
関西大学に要請をするも
誠意あるものに思えなかったためと
「多忙が退任理由」とした報道に反論。
 

 

■関西大学側がそれに反論

織田信成の「コーチの退任理由は多忙ではなく
モラハラ及びそれに対する対応への不満」
といったブログでの反論に
関西大学は2019年9月30日に反応。
関西大学の反論は主に以下の通り。

■2019年4月以降
織田信成に関係し指導方法をめぐり
意見の相違があったことは認識。

■2019年7月に織田信成が
弁護士とともに指導方法に関して
強い要望があった。

■部内の関係者などに
ヒアリングしたが総合的に見て
織田信成の要望は却下。

■それを慎重に伝えようとしたところ
織田信成側から
辞任の申し出がり受け入れた。

■2019年9月9日の報道は
織田信成の所属事務所と
十分に話し合った上に発表した。

 

 

■関大コーチが疑惑に反論

そのようなモラハラ疑惑について
関大コーチの一人、濱田美栄が
2019年10月2日の
文春オンラインにて反論をしています。

関大関係者によると
織田信成と指導方法で対立があったのは
関大コーチ・濱田美栄。

織田信成はスケート部の生徒が
成績が疎かになっているため
試合出場条件に一定以上の成績を
条件にした方が良いと考えるも

関大コーチ・濱田美栄は
そのようなことをしたら
練習する時間がなくなると反論。

関大コーチ・濱田美栄は
挨拶を無視するなどの
モラハラ疑惑については
以下のように反論をしています。

「そんなこと全然ない」
「挨拶し忘れたことは
あったかもしれないけど」

「元々彼はリンクにいません」
「今年からではなく初めから」
「片手間で監督やるのは
大変やと思います」

濱田美栄は関大コーチとして
モラハラ疑惑があるものの反論。
しかしモラハラと言っても
具体的に出てくるのは現在は
「挨拶をしない」ぐらい。

■おわりに

関大コーチは現在主だった人物は3人。
織田信成の母親、織田憲子。
高橋大輔のコーチ、長光歌子。
そして紀平梨花や宮原知子の
コーチである濱田美栄。

2019年10月1日放送の「ゴゴスマ」では
関大関係者が「1人のコーチから就任時から
モラハラを受けていた」という
証言があったとも報じられています。

個人的には具体的なモラハラ行為が
他にもあったのかどうかが気になるところ。
心情的には織田信成寄りですけれども
まだ断定するには情報が足りないというか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました