片山晋呉が懲戒検討の不適切行為はプロアマゲストへの発言か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

永久シード選手であるゴルフの片山晋呉
プロアマ戦のゲストに対し
不適切行為をしたとして
懲戒検討をされていることが明らかに。

今回は片山晋呉が
プロアマ戦の最中に不適切な
行為をゲストにしたとされ
懲戒検討されている
ことについて見てみましょう。

2018年6月16日追記

片山晋呉が2018年6月15日に
公式サイトにて不適切行為を謝罪。

2018年5月30日の不適切行為で
2018年6月8日にゲストに
2018年6月13日に大会特別協賛会に
それぞれ謝罪をしたことも明かしました。

また、片山晋呉は不適切行為で
当面の間トーナメント出場を
自粛するとのこと。

追記おわり


 

【スポンサーリンク】

 

■片山晋呉の懲戒検討が突然発表

片山晋呉の懲戒検討が
発表されたのは2018年6月6日の事。

2018年5月30日に行われた
日本ツアー選手権森ビル杯で
開幕前日に行われた

プロアマ戦の最中の
ゲストへの不適切な行為が
原因だとされました。

確かに片山晋呉は
比較的ツイッターを
する方ではありますが
2018年5月25日から約一週間は
ツイートしておらず、
2018年6月1日にツイート再開。

当初片山晋呉が懲戒検討された
理由については
プロアマ戦のゲストが
片山晋呉の対応を不愉快に感じて
プレーを断念して途中で帰宅をした
ことが原因だと報じられました。

実は選手が守るべき準則として
「プロアマに出場するアマチュアに対し
不適切な対応をしたり
不快感を与えるような
態度をしてはならない」
という規則があります。

既に事情聴取は済ませたものの
更に調査委員会を設置し
2018年6月中に
懲戒・制裁委員会を開催して
処分を決定する方針とのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■プロアマ戦のゲストに対する不適切な行為

片山晋呉がプロアマ戦のゲストに
不適切な行為とは一体具体的には
何したのかが情報が錯綜しています。

現在の所出ている、
片山晋呉のプロアマ戦への
不適切な行為とは
以下のような形となります。

■スポーツ報知
片山晋呉がポケットに
手を入れたまま話す。

グリーン上で客のライン読みよりも
片山晋呉が自らの練習を優先した。

■サンスポ
片山晋呉とゲスト3人が
13番からスタート。

プレーを終え
ゲストは14番に向かうが
片山晋呉は13番に残り練習を続けた。

ゲストが来るように促すと
片山晋呉は「まだ前が詰まってる」
と発言したためゲストが
憤慨しプレーを中断。

ポケットに手を
入れたまま、というのは
現在の所事実かは不明ですが

片山晋呉がゲストへの対応よりも
自身の練習を優先した可能性は
かなり高そうではあります。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

そもそもプロアマ戦は
名前とは裏腹に
ゲストへのおもてなしがメイン。

選手会長となったばかりの石川遼は
男子ゴルフの人気回復を目標に
2018年4月10日に選手会総会に出席。
以下のような3大改革を掲げたばかり。

1.土曜プロアマの実施
2.ピンフラッグの販売
3.公開インタビューの実施

要するにファンサービスを
向上させるというのが目的。

また、石川遼は
プロアマ戦について
以下のように語っています。

「プロアマ戦は大会を
開催してくださる
みなさんをおもてなしする場所」

「プロアマ戦が練習ラウンドに
なっている選手も多いと思うが
それはちょっと
はき違えていると思う」

「とにかく良い雰囲気の中で、
どうやって楽しんでいただくか」

「そこにスコアが
ついてくれば、それが一番」

片山晋呉のプロアマ戦の
ゲストへの不適切な行為が
どこからどこまでが事実なのか
現状ではまだ不明ですが

石川遼が改革を
掲げたばかりの時期に
こうなってしまうとは…。

2018年6月7日16:30追記

片山晋呉の不適切行為について
選手会会長として石川遼が謝罪。

改革をした矢先の出来事で
遺憾でありとても残念であると
しています。

2018年6月8日追記

石川遼は問題発生後に
日本ゴルフツアー機構の
青木功会長に呼び出され

その後片山晋呉と共に
ゲストの男性に
謝罪をしていたことが
2018年6月8日に報じられました。

追記おわり



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.