川内優輝の弟、川内鴻輝は靴コマーシャルにも出演!マラソン普及に尽力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ボストンマラソンで
優勝を果たした川内優輝

日本勢としては1987年、
瀬古利彦の優勝から
実に31年ぶりとなります。

そんな川内優輝の弟、
川内鴻輝もマラソンランナーで
靴コマーシャルにも出演をし、
マラソンの普及に尽力をしています。

今回はそんな川内優輝の弟である
川内鴻輝について
靴コマーシャルなどについても
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■川内鴻輝について

名前:川内鴻輝(かわうち こうき)
生年月日:1992年9月8日

川内鴻輝は上に川内優輝、
川内鮮輝(よしき)の二人の兄がおり
3人兄弟の末っ子となります。

川内鴻輝は一番上の兄である
川内優輝の影響で2歳から
マラソンランナーとなり、
3兄弟全てがマラソンランナー。

父親は高校時代に国体にも
出場をしたアマチュアボクサーで
母親も市民ランナーとして
活動をしているスポーツ一家。

2015年4月からは
川内鴻輝はモンテローザに入社。

マラソン部に配属をされ活動をし
カンボジアで開催された
アンコールエンパイアマラソンで

リオ五輪に出場した
猫ひろしに10分の差をつけて勝利し
カンボジア国内最高記録を
樹立しています。

そして現在は上記インスタ画像のように
久喜市議会議員選挙に
立候補をしていたりも。
 

【スポンサーリンク】

 

■靴コマーシャルにも出演

そうして川内鴻輝は
2017年4月から
MEDIFOAM ACに所属。

下記のように靴コマーシャルに
出演をしています。

こちらは上記靴コマーシャルの
メイキング映像となります。

■川内優輝の弟は他にも…

公務員ランナーである川内鴻輝は
3兄弟の長男ですが、
もうひとりの弟、川内鮮輝も
ランナーとして活躍をしています。

川内鮮輝は2013年3月に
国学院大を卒業し
2013年から東京都の印刷会社
「共立印刷」で営業マンとして
勤務をしていますが

2013年3月24日に
茨城県で開催された
「第1回サンスポ
古河はなももマラソン」で
マラソンに初挑戦初優勝。

2016年3月に退職をし、
プロランナーへと転向。

2018年3月11日に開催された
「第6回サンスポ
古河はなももマラソン」でも
5年ぶりに大会新記録を出して
優勝をしました。

ちなみに末弟、川内鴻輝は
長男と次男のマネージャーも
務めています。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

川内優輝は2018年4月16日の
ボストンマラソンで初優勝をし
日本勢としては31年ぶりとなり
大きく報じられました。

そんな兄の快挙に
弟である川内鴻輝は
インスタンにて喜びと
祝福を表明しています。

しかし川内優輝が
優勝をしたボストンマラソンは
前述のツイッター画像をみても
わかるように、強風と大雨という
物凄いコンディション。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください