菊池彩花(スケート)は5姉妹。長女以外は五輪選手で父は元村長

スピードスケート選手の菊池彩花
2018年2月の平昌オリンピックで
高木姉妹、佐藤綾乃と共に4人で
パシュートで金メダルを獲得。

そんな菊池彩花ですが
実は5人姉妹の次女であり
長女以外の4人は五輪選手。

現在はすでに現役引退を
表明していますが
今回はそんな菊池彩花の
姉妹や前村長である
父親についてなどみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■菊池彩花は5人姉妹

菊池彩花は2018年2月の
平昌五輪で女子パシュートにて
金メダルをとりました。
そんな菊池彩花は
実は5人姉妹の次女。

長女は銀座の美容室、
CALON銀座にて店長を
務めている真里亜さん。

場所は地図で見ると
こちらになります。
物凄い良い立地。

次女が菊池彩花であり
三女が菊池悠希(ユウキ)で
四女が菊池萌水(モエミ)、
五女が菊池純礼(スミレ)。

上記画像は左から長女の真里亜
五女の純礼、次女の彩花、
四女の萌水、三女の悠希。

また、ツイッターでも
姉妹3人の画像があります。

次女の菊池彩花は
平昌五輪の金メダリストで

三女の悠希と五女の純礼も
平昌五輪に出場。

四女の萌水は平昌には
出場をしていないものの
2014年のソチ五輪には
出場をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■姉妹の名前の由来

長女は五輪選手ではありませんが
2歳の頃にスケートを始め、
妹たちは姉と一緒に遊びたいがゆえに
スケートをするように。

そんな5人姉妹の名前の由来は
以下のようになります。

■長女・真里亜
真っ直ぐな心で故郷を
忘れずアジアにはばたけ。

■次女・彩花
6月うまれ。
美しい花のように
周りを彩って欲しい。

■三女・悠希
ゆうゆうとした気持ちで
希望を構えて生きて欲しい。

■四女・萌水
雪解け水が流れ
気が芽吹くような気持ちを
大切にして欲しい。

■五女・純礼
素直で礼儀正しい心で
接して欲しい。

 

【スポンサーリンク】

 

■菊池彩花ら5人姉妹の父は前村長

菊池彩花ら5人姉妹は
人口1000人ほどの
長野県の南相木村。

その前村長であるのが
菊池毅彦であり、
菊地彩花ら5人姉妹の父親。

2015年に父親の
インタビュー動画があり
それがこちらとなります。

ちなみにソチ五輪に
次女の菊池彩花と四女の
萌水が出場したときは
父親が現職の村長。

■おわりに

菊池彩花は2018年4月8日に
現役引退を表明。
その後2018年4月28日には
紫綬褒章を受賞したことが
報じられました。

その後2018年5月には
日本ソムリエ協会山梨支部の
パーティーが甲府市で開かれ
名誉ソムリエとして就任。

これからも海外に行く機会は多いため
山梨のワインを世界に広めたいと
意気込みを語っても居ます。

菊池彩花は引退後は指導者として
更新を育成したいとも語っていますし
その関係で海外に行く機会は
確かに多そうです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください