元横綱稀勢の里が笑顔で断髪式を迎える。小野川親方がネクタイ締め

元横綱稀勢の里
引退を決断しおよそ8ヶ月。
断髪式を笑顔で迎えました。

横綱に昇進をするも怪我に悩まされ
引退の決断をした元横綱稀勢の里。

今回はそんな元横綱稀勢の里が
笑顔で断髪式を行ったことについて
みてみましょう。


 

 

■元横綱稀勢の里の引退

元横綱稀勢の里は2002年の
春場所で初土俵。
異例の速さで昇進をし
2017年の初場所後には
日本出身の力士として
19年ぶりの新横綱に。

しかし2017年春場所13日目に
横綱となって12連勝中も初めて敗北。
日馬富士相手に初黒星となり
怪我で左腕が動かせない状態に。

休場をするかと思いきや
テーピングをして出場。
14日目、千秋楽は怪我をおして逆転優勝。
しかしやはり怪我で
本調子ではない様子が見られました。

4月の春巡業は休場をするも
5月の夏場所は出場。
それ以降は本場所に出場、途中休場と
怪我の完治がないままに無理をしていました。

そして8場所連続休場など
怪我に悩まされており
2019年1月には3連敗。
このことで元横綱稀勢の里は引退を決意。
2019年1月16日に引退を発表しました。
 

 

■断髪式で笑顔

元横綱稀勢の里は
2019年9月29日に
両国国技館で断髪式。
断髪式の時に元横綱稀勢の里は笑顔。
最終盤に鋏を入れたのは横綱白鵬。

師匠の田子ノ浦親方が大銀杏を
切り落とすのも白鵬は見届けています。

このように散髪中には
笑顔を見せる元横綱稀勢の里。

そして元横綱稀勢の里の
ネクタイを締めるのは小野川親方。
二人共良い笑顔。

こちらは引いた視線からの
小野川親方と元横綱稀勢の里の笑顔の写真。


 

 

■おわりに

元横綱稀勢の里は今後は
荒磯親方となり後進育成へ。
元横綱稀勢の里は2019年5月19日にも
NHKの「サンデースポーツ2020」に
解説として出演をしています。

この時元横綱稀勢の里は笑顔。
現役当時は寡黙であったものの
解説として出演をした時は
元横綱稀勢の里は笑顔で饒舌。

笑顔で饒舌であるのが
本来の姿ではとされており
後進の育成だけではなく
解説などでも多く姿を見ることに
なるかもしれません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました