郡大夢が契約解除。理由は秩序風紀を乱す行為で具体的には言及なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京ヴェルディの郡大夢が
郡大夢との契約解除を発表しました。

クラブの秩序風紀を乱すことを
理由として契約解除とのことですが
具体的な理由については言及しておらず。

日本サッカー協会契約書内の
第9条1(5)の条項の
違反であるとされており
逆に言うと1-4の
他の条項ではない可能性が
高いともいえます。

今回は郡大夢についてと
契約解除の理由について
現段階で発覚している情報について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■郡大夢について

名前:郡大夢(こおり ひろむ)
生年月日:1997年9月11日
出身:東京都台東区

郡大夢はブルーファイターズSC、
小学校時代は東京ヴェルディジュニア、
中学時代は東京ヴェルディジュニアユース、

高校時には東京ヴェルディユース、
そして2016年から東京ヴェルディと
まさに生え抜き。

東京ヴェルディユース時代の
郡大夢のインタビュー動画はこちら。

郡大夢は2015年10月9日に
トップチームに
昇格が発表されましたが
その時に郡大夢は以下のように
喜びを語っていました。

「東京ヴェルディで
プロになれた事が嬉しい」

そして郡大夢は
2016年7月から12月にグルージャ盛岡に
育成型期限付き移籍をしており
2017年2月1日からガンバ大阪U-23に
期限付き移籍をしています。

そして2017年12月18日に
郡大夢は東京ヴェルディに
およそ1シーズン半ぶりに復帰。
 

【スポンサーリンク】

 

■郡大夢の契約解除

郡大夢の契約解除が
発表されたのは
2018年2月13日の火曜日。
3連休明けの平日。

契約解除理由は
クラブの秩序風紀を乱す行為の
条項の違反であるとしています。

東京ヴェルディは東京都と
日本サッカー協会選手契約を
締結しており、

その契約書内における
第9条1(5)「クラブの秩序風紀を乱す行為」
の違反とのこと。
具体的な理由は現在のところ
明かされていません。

■第9条はクラブによる契約解除の説明

日本サッカー協会選手契約書は
クラブのためにサッカー活動を
行うことに関しての契約で、
プロA契約書とも言われています。

第9条は中身は以下の通り。

第9条[クラブによる契約解除]

1 次の各号のいずれかに該当する事由が
選手において発生した場合、
クラブは、選手に対し書面で
通知することにより、本契約を直ちに
解除することができる。

(1) 本契約の定めに
違反した場合において、
クラブが改善の勧告を
したにもかかわらず、
これを拒絶または無視したとき

(2) 疾病または傷害により
サッカー選手としての運動能力を
永久的に喪失したとき

(3) 刑罰法規に抵触する行為を行ったとき
(4) 自らの責に帰すべき事由により、
本契約の目的に支障をきたす
6ヶ月以上の試合出場停止処分を受けたとき

(5) クラブの秩序風紀を
著しく乱したとき

引用:JFAホームページ

郡大夢の契約解除理由は
5であると明記されているため
他の条項に違反をしているのではなさそう。

1ではないため今回の件で
1発契約解除。

2ではないため怪我や病気ではなし。
3ではないので法的にまずい事を
してはいない。

試合出場停止処分を
受けてはないので4でもない。

とはいえ1発で契約解除というのは
中々に重い処分に見えますが…。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

東京ヴェルディは2018年2月11日、
3連休の真ん中である日曜日に
よみうりランドにて

東京ヴェルディ、
日テレ・ベレーザの選手や
ファンとサポーターが集うイベントの

「VERDY FAMILY FES.
2018 in よみうりランド」
を行っています。

この時に郡大夢もステージショーで
東京ユース97年組の他の2人の選手と共に
トリを務めたりと
普通に活動をしていました。
まさかその二日後に契約解除とは…。

このことについて東京ヴェルディに
密着して記事を書いているライターの
上岡真里江もツイッターで
怒りを露わにしています。

郡大夢は今後一体どうするのでしょうか。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA