栗原恵が現役引退を5月現在発表。怪我で引退は避けたいと3月に…

バレーのプリンセス・メグこと栗原恵
2018年に日立リヴァーレから
JTマーヴェラスに移籍。

2019年3月には怪我での
引退は避けたいと明かしていましたが
2019年5月現在、
栗原恵は引退を決意したようです。

今回は栗原恵が2019年5月現在
引退を決意したことについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■栗原恵が引退

栗原恵は2004年のアテネ五輪、
2008年の北京五輪の日本代表。

2019年5月5日にバレーボールの
全日本男女選抜大会が行われました。
JTマーヴェラスは2018年の
全日本選抜大会では優勝。
しかし今回は東レに敗北。

栗原恵は2019年5月31日で
JTを対談すると発表しており

栗原恵にとってこれが
JTマーヴェラス所属の最後の試合。
この時に栗原恵は今後どうするか
JT退部のことに関連して聞かれ
以下のようにコメント。

「先を考えた前向きな決断」
「深い意味はなく、
マイナスに捉えてほしくない」

そしてその翌日、
2019年5月6日には
栗原恵が現役引退をする
決意を固めたことが発表。
 

【スポンサーリンク】

 

■栗原恵は2018年に引退を考えていた

栗原恵はもともと若いときから
「できるだけ長く現役でいたい」
という思いがありました。

その当時は現役引退を
ネガティブにとらえていた事も
あったというのがあったとのことですが。

しかしそんな栗原恵を
襲ったのが2009年の怪我。
一番体の動く時期でもあったため
現役引退が頭を過るように。

その後も栗原恵は2010年に
半月版の手術、
2011年にも左軟骨損傷の手術。
2013年には右膝前十字靭帯損傷の
手術をしていたりと
怪我とリハビリが多い状態。

そのため大きな怪我もなく
年間を通してプレーできた
2017/2018シーズンで
栗原恵はやりきったという思いが。

そのため2014年から
2018年2月まで所属をしていた
日立リヴァーレを退団した時には
8割ほど引退しようと
考えていたことを明かしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■怪我で引退はしたくなかった

栗原恵は怪我で引退をするのが
本望でないとは前々から明かしています。

2019年にはいってからの
栗原恵のインタビューでも、
栗原恵はずっと怪我に
苦しめられてきたために
怪我で引退というネガティブな形では
終わりたくなかったとしています。

また、栗原恵は2018年9月の
JTのインタビューでは東京五輪の出場を
まだ諦めていないともしていました。

■栗原恵は結婚について…

栗原恵というと大山加奈とともに
「メグカナ」と呼ばれ人気コンビ。
栗原恵はそんな相方の大山加奈が
若い時には「何歳までに結婚して…」
と具体的なプランも
考えていたことを明かしています。

ちなみにそんな大山加奈は
2010年に現役引退。
2015年に結婚をしています。

一方で栗原恵は結婚については
以下のようにコメント。

「結婚はしたいと思って
できるものじゃない」
「いつかはしたいな」
「でも優先順位はやはりバレーが上」

現役を引退しても
指導者の道もあるでしょうし
優先順位はまだ
バレー>結婚なのかどうか。

■おわりに

栗原恵は現役を引退するとのことですが
怪我で引退という
ネガティブな理由ではなさそうです。

栗原恵は現役を引退し
今後は尾のような道を歩むことになるのか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください