松坂大輔、去就が近々決定!限界説が8月にも。ファンと接触で負傷

松坂大輔の去就が近々決定。
松坂大輔は限界説が2019年8月24日に
限界説が一部で報じられたばかり。

今回は松坂大輔の去就が
決まる時期についてと
限界説について、ファンと接触で
負傷したことも踏まえてみてみましょう。


 

 

■松坂大輔の去就決定時期は9月

松坂大輔の来シーズンの去就が
決まるのは2019年9月9日以降
であることが明らかに。

中日の代表は松坂大輔の
来シーズンの契約は白紙。
そのために松坂大輔の去就がどうなるかは
まず松坂大輔本人がどう思っているのかを
聞かないと行けないといった理由。

松坂大輔の去就について
球団としてどのように思っているか
明言を避けた形にも見えますが
少なくとも表面上は
松坂大輔の去就に関しては
松坂大輔本人の意志を尊重する姿勢。

■松坂大輔の動き

松坂大輔は2018年1月に中日に入団。
中日に移籍後は11試合登板で6勝4敗。
見事カムバック賞を受賞し、
契約更改交渉では6500万円増の
8000万円プラス出来高の1年契約。

そのようなこともあり2019年には
松坂大輔の完全復帰が
期待されていました。
 

 

■しかし松坂大輔に限界説が…

前年はカムバック賞を受賞した松坂大輔。
しかし2019年シーズンの春季キャンプ中、
松坂大輔がファンと接触。
出待ちをしていたファンが松坂大輔の
右腕を引っ張る形になり肩に軽い違和感が…。

2019年2月11日にこのファンと接触で
松坂大輔は右肩に違和感を覚えたと報じられ
翌日である2019年2月12日には
炎症がおさまるまでノースロー調整に。

2019年5月14日に故障後初めてとなる
捕手を座らせての投球練習。
松坂大輔はその後2019年7月16日に
1軍初昇格をしますが、
2019年7月27日に炎上して2軍降格。

2019年8月21日には松坂大輔は
右肘炎症を起こしていることが
発覚してしまいました。

■チーム内外で松坂大輔限界説と報じられる

そうした事で松坂大輔には
2019年8月24日に東スポにて
松坂大輔現役続行限界説が
報じられてしまいます。

森SDは松坂大輔の限界説に
主に以下のようにコメント。

「万全なときなんて無い」
「そういう年だということ」
「本人はできると思ってやっている」
「俺だってまだできるという
ピッチングを見ている」

しかし松坂大輔の去就についても
同時に以下のようにコメント。

「本人が最終的に決める」
「球団や現場がダメと
言ったらもう終わり」

 

 

■おわりに

松坂大輔の限界説や去就について
注目が集まるのは正直仕方ない所。

しかし2011年にも
松坂大輔の限界説は出ており
それから現在まで活動をしてきたわけで。
松坂大輔は限界説が出ても
まだまだわかりません。

松坂大輔は実際に2017年オフに
ソフトバンクからはコーチ兼任で
リハビリを続けるのはどうかと

打診を受けたものの、
松坂大輔はそれに断り
「ボロボロになるまで野球をやりたい」
と語っています。

外野が松坂大輔の限界説を語っても
松坂大輔本人が限界だと思わなければ
まだまだ場所はあるはず。



コメント

タイトルとURLをコピーしました