メネセス契約解除危機。5月に負傷し復帰が待たれていたが…

オリックスのジョーイメネセス
まさかの契約解除危機。
2018年にオリックスが獲得して
チームに加わったばかり。

メネセスは2019年5月に登録抹消、
その後復帰が待たれていましたが…。

現在のところ契約解除が確定ではなく
あくまでも「契約解除の可能性」。
内容は不明なものの規律違反とのことですが…。

今回はメネセスについてと
メネセスの怪我からの登録抹消、
そして復帰が待たれていたものの
契約解除危機となったことについて
みてみましょう。

2019年6月27日追記

メネセスがドーピング検査で
禁止薬物の陽性反応が出たとして
1年間の出場停止処分と
なったことが明らかになりました。

追記おわり


 

【スポンサーリンク】

 

■メネセスについて

名前:ジョーイ・メネセス・カルバハル
生年月日:1992年5月6日
出身:メキシコ・シナロア州クリカン

メネセスはベローナ高から
2011年にドラフト外でブレーブスに。
2018年にフィリーブズに移籍し、
3Aで130試合出場。
インターナショナルリーグの
本塁打王、打点王に輝きMVPも受賞。

2018年10月にオリックスが
メネセスを2019年シーズン1年契約で獲得。

ちなみにメネセスが日本球界を選んだのは
漫画ドラゴンボールの主人公、
孫悟空の大ファンであったため。

メネセスは8歳の頃から
ドラゴンボールにはまっており
野球をやめたら超サイヤ人に
なりたいと語ってまでいます。

そのため日本球界に
挑戦をしたいと考えており
素早いオファーを出したオリックスに入団を決定。
 

【スポンサーリンク】

 

■怪我で登録抹消し復帰が望まれていた

そんなメネセスですが
2019年5月4日のソフトバンク戦の
最終打席で右手を痛め、
2019年5月5日にMRI検査を受けています。

その結果「右手第2伸筋腱周囲炎」と
診断をされたことを発表。
そうしてメネセスは
登録抹消をされ状態をみながら
リハビリを行うとされていました。

■契約解除危機

そんなメネセスが2019年6月15日に
「規律違反」として契約解除危機であると
スポニチが報じました。

スポニチによるとメネセスは
登録抹消をされてからは2軍でリハビリ。
先週からフリー打撃を再開するも
現在は2軍の全体練習には参加せず。
この時期に規律違反が
あったと見られているとのこと。

■おわりに

現在のところ契約解除危機なだけで
契約解除とは確定していません。
しかし復帰が待ち望まれる中で
一発でそこまで行くとは…。
そうなると規律違反の中身が気になるところ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください