リーチマイケルは嫁とカフェ経営!元バレー選手で馴れ初めは大学生

ラグビーワールドカップ
日本代表のリーチマイケル

リーチマイケルの嫁は
知美さんで元バレー選手。
リーチマイケルは嫁とともに
現在はカフェも経営をしていたり。

今回はそんなリーチマイケルについてと
嫁、そしてカフェについてみてみましょう。


 

 

■リーチマイケルについて

名前:リーチマイケル
英字:Michael Leitch
生年月日:1988年10月7日
出身:ニュージーランド

リーチマイケルは
5歳からラグビーをしており、
2004年6月、15歳の時に
ニュージーランド、クライストチャーチの
男子校との交換留学で札幌に。

来日して10ヶ月は
森山さん夫婦の家で生活を共にし、
家では日本語で会話。
小学校の国語の教科書を用いて
リーチマイケルの日本語はみるみる上達。

今でも日本のお父さん、お母さんとして
リーチマイケルは森山さん夫婦を慕っており
北海道に度々「里帰り」。

リーチマイケルは大学は東海大。
そして東芝ブレイブルーパスに入り
2013年7月には帰化。
2014年には日本代表キャプテンとなり、
2019年8月にはラグビーワールドカップ
2019の日本代表に選出をされています。
 

 

■リーチマイケルの嫁

リーチマイケルの嫁は
高校時代バレー選手の知美さん。
大学ではライフセービング部に所属をし
スポーツマネジメントを学んでいました。

そんなリーチマイケルと
嫁の出会いは大学1年生の時。
嫁の知美さんはバレーをしており身長170cm。

リーチマイケルは高身長な女性が好きで
大学構内で時々見かけていたとのこと。
しかし実際に二人が話をしたのは大学3年。

同じ授業をとっており、
教授がレポートの提出をしろと言うも
リーチマイケルは何のレポートかわからず。
前の席にいた嫁に日本語で話しかけると
日本語が喋れることに驚き
それがきっかけで話すように。

そしてリーチマイケルの飾らなさに惹かれ
二人は大学3年、2010年秋に交際スタート。
2011年1月には結婚を決めて
2012年には結婚をしました。

また、リーチマイケルと
嫁の間には子供(娘)もいます。

■カフェを経営

リーチマイケルは2015年7月に
府中市の分倍河原駅から徒歩7分の場所に
「Café+64」をオープン。

「64」はニュージーランドの
国際電話番号が64なのでそれが由来。
地図でいうとこちらになります。

リーチマイケルのカェは
2017年12月24日放送の
「モヤモヤさまぁ~ず2」にて
紹介されています。

この時はリーチマイケルの
カフェが趣味であること、
リーチマイケルと嫁が一緒に
働いていることなどが紹介。
 

 

■松本莉緒と生活圏内が被るリーチマイケル

ちなみに女優の松本莉緒が
リーチマイケルのお店に
行ったことをツイッターやインスタで告白。

こちらはツイッターで動画。

松本莉緒はヨガのお店もしており
逆に松本莉緒の家に
リーチマイケルと嫁が来たことも…。

ちなみに松本莉緒はスタバで
リーチマイケルと遭遇もしていたり。

■おわりに

リーチマイケルの日本の父である
森山修一さんは実はすし店を経営。
リーチマイケルが嫁と結婚をする前に
「日本の実家」へと
挨拶をした事も明かしています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました