川崎宗則が現在ついに引退。契約更改せず長時間経過していたが…

古巣のソフトバンクに復帰をしたものの
契約更改が進まないままで
今後どうなるか心配の声が多かった
ムネリンこと川崎宗則

最近はスマホアプリの
「プロ野球バーサス」で
川崎宗則の退団が正式発表などと
誤報があったかと思いきや、
その2日後には「生存確認」の報道も。

そしてその翌日には川崎宗則が
現在ついに引退をしたと
報じられるという。

今回は川崎宗則の
ソフトバンク復帰から
契約更改せずついに
引退となってしまった
現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■川崎宗則のソフトバンク復帰

川崎宗則は2000年から2011年に
ソフトバンク(当時は
福岡ダイエーホークス)に在籍。

2012年から2016年は
シアトル・マリナーズ、
トロント・ブルージェイズ、
シカゴ・カブスに在籍。

2017年3月に川崎宗則は
6年ぶりに日本球界に復帰をし、
古巣のソフトバンクに
再入団という形に。

■怪我などであまり姿を見せず

2017年4月4日には
復帰後初めて公式戦に出場。
それ以降活躍をしていましたが

2017年7月24日に
川崎宗則は登録抹消に。
実はアキレス腱に痛みを抱えて
それまでプレーをしていたため
大事に至る前に治療に専念。

9月には実戦復帰をするも
左ふくらはぎがつり途中交代。

この少し前に川崎宗則は
ツイッターにて
もうじき復帰できると
語っていました。

ちなみにこのツイートが川崎宗則の
現在の所最後のツイート。
後は2018年3月現在まで
リツイートしかしていません。

そして川崎宗則は
体調不良のため優勝パレードや
ファンフェスティバルなど
球団行事にも参加をしていませんでした。
 

【スポンサーリンク】

 

■川崎宗則は契約更改せず…

そうして川崎宗則は
2018年1月25日には
川崎宗則だけが契約更改を
していないことが明らかに。

1月中に交渉をするとも
されていましたが、2018年2月の
宮崎春季キャンプも不参加。

■退団という誤報も

そんななか、
プロ野球のスマホアプリ
「プロ野球バーサス」で

2018年3月22日に川崎宗則について
退団という誤報が
発信されてしまいます。

2018年3月23日には
「川崎宗則の退団が正式に発表」
というのは誤報であり、
正しくは「現在も未契約の状態のため」
であるとして謝罪。
 

【スポンサーリンク】

 

■父親が川崎宗則の現在に言及

そして2018年3月25日には
NEWSポストセブンにて
川崎宗則の父親が

川崎宗則の現在には
何も答えられないと前置きをしてから
以下のように語っています。

「でも、生きてますよ」
「時期が来たらあの子なり
球団なりから発表があると思います」

■退団の意向と報道

そして2018年3月26日には
川崎宗則が契約更改せず
現役引退の意向を固めたと
西日本スポーツにより報じられます。

どうやら2018年3月24日の
球団との会談で決まったようです。

■おわりに

川崎宗則の現在については
ここ一週間で色々と
情報が一気に出た印象。

こうみると、2018年3月22日の
「プロ野球バーサス」での誤報は
やはり予め知っていたのでしょうか。
現役引退の意向を固めたのは

2018年3月24日の会談とは
語ってはいましたが…。
単なる間違いで「退団が正式に発表」
というのは少々考えづらいですしね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください