日大アメフト会見動画で宮川選手が監督とコーチ指示でタックルと告白

2018年5月6日の
アメフト定期戦での
悪質タックルで関学大の
選手を負傷させた宮川選手。

2018年5月22日に
実名・顔出しで会見を開きました。
その際にははタックルは
内田監督と井上コーチの
指示だったと告白。

今回は日大の会見の動画や
会見で告白したことについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■日大のアメフト会見動画の経緯

2018年5月6日に
アメフト定期戦で
宮川選手がタックルをして
相手選手が負傷。

大きな社会問題となり、
日本記者クラブで
会見をしたいという
申し出が会ったため
会見に至ったという。

本来は会見時に弁護士が壇上で
同席することは
認めていなかったものの

宮川選手が20歳に
なったばかりの学生であり、
今後の責任問題もあるため

今回は特例として弁護士が壇上で
同席することが認められたとのこと。

最初に代理人弁護士の二人から話があり、
顔出し、実名については
「顔出しをしない謝罪はない」
と言った理由から本人の
強い希望によるとのこと。

ただし弁護士としては
将来を考えて顔のアップでの撮影は
避けて欲しいと答えていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■日大の会見の動画

日大のアメフトタックル問題の
会見動画はこちらとなります。
およそ1時間の動画となっています。

動画での大まかな
タイムスケジュールは以下の通り

■04:20~ 会見開催理由説明。
■06:39~ 代理人弁護士の説明。
■19:36~ 宮川選手本人の謝罪。
■21:00~ 経緯の説明。
■31:30~ 質問時間。

会見時に配布された資料は
こちらとなります。

 

【スポンサーリンク】

 

■日大会見動画からみる大まかな内容

日大会見動画で
宮川選手が説明した
内容については大まかに
以下の通りとなっています。

2018年度の試合は
タックル問題の試合までに
2018年4月22日、
2018年4月29日の2回行われている。
宮川選手はスターティングメンバー。

■2018年5月3日
プレーが悪かったとして
コーチから外される。

内田監督・井上コーチから
やる気が足りないなどと
当時は指導を受けていた。

内田監督からは
「やるきがあるのかないのか
分からないので、
そういう奴は試合に出さない」
「やめていい」と言われ、

井上奨コーチからは
「お前が変わらない限り
練習にも試合にも出さない」
などと言われたとのこと。

■2018年5月4日
内田監督から日本代表に
いっちゃダメだと言われ
当時選抜されていた、
2018年6月に中国で開催される

第3回大学世界選手権大会の
日本代表を辞退するよう言われた。

2018年度初めての
全体の実践練習も
宮川選手は外されていた。

■2018年5月5日
この日も宮川選手は
練習から外されていた。

練習後、井上コーチから
「監督に『どうしたら
おまえを試合に出せるか』
と聞いたら

『相手のQBを1プレー目で
つぶしたら出してやる』
といわれた」と説明を受けたとのこと。

更には「『QBをつぶしにいくので
僕を使ってください』と
監督に言いにいけ」

「相手のQBと知り合いなのか」
「関学との定期戦が
なくなってもいいだろ」
「相手のQBが怪我をして
秋の試合に出られなかったら
こっちの得だろ」
 

【スポンサーリンク】

 

■試合当日の流れ

そして2018年5月6日、
タックルで相手が全治三週間の
怪我をおった試合の日の
宮川選手が会見動画で明かした
証言がこちらとなります。

■2018年5月6日
試合のメンバー表に
宮川選手の名前は無かった。

井上コーチに確認すると
「今言ってこい」と言われ
内田監督に

「相手のQB潰しに行くので
使って下さい」と言った所
「やらなきゃ意味ないよ」
と返され、
井上コーチにやりとりを報告。

「リードをしないで
QBにつっこみますよ」と
確認した所井上コーチは
「思いっきり行ってこい」と発言。

試合前に井上コーチから再度
「できませんでしたじゃ
すまされないぞ」
「わかってるな」と
言われたとのこと。

そしてタックルなどをして
退場後に内田監督から
以下のように言われたとのこと。

「こいつのは自分がやらせた」
「こいつが成長して
くれるのならそれでいい」

「相手のことは考えなくていい」
「周りに聞かれたら
『おれがやらせたんだと言え』
といわれた」

また、タックルをした後に
泣いていたことについては
井上コーチから
以下のように言われたとのこと。

「優しすぎるところが駄目なんだ」
「相手に悪いと思ったんだろ」

■おわりに

宮川選手は反則タックルは
内田監督の指示であるとしながらも
自分がやらないという事を
判断出来なかったことを謝罪。

会見で配布された資料にも
記述されていますが、
2018年5月11日には
宮川選手は相手選手に
謝罪したいと語ったものの
内田監督に止められたこと、

そのため2018年5月15日に
代理人弁護士に相談した
ことなども明かしています。

しかし今までは内田監督にばかり
焦点が当てられましたが
井上コーチという新人物も登場。

今回の会見動画等で
終息するかと思いきや
まだもう一波乱ぐらいはありそう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください