野々村直通監督は娘の髪をつかんだ過去が。現在は似顔絵ギャラリーも

高校野球の監督で個性的な言動で
有名になった野々村直通監督
「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」
発言で話題となり監督を退任。

そんな野々村直通監督ですが
過去にTV番組で「娘の髪をつかんだ」
ということを発言もしています。

現在は教育評論家となり
似顔絵ギャラリーなども公開。

今回は野々村直通監督の
娘とのエピソードや
現在は似顔絵ギャラリーを
公開していることについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■野々村直通監督について

名前:野々村直通(ののむら なおみち)
生年:1951年
出身:島根県

野々村直通監督は
広島大学教育学部
美術家を卒業して1974年に
広島の府中東高校に美術教師に。

野球部監督に就任して
1979年春にはセンバツ出場へ。
1986年には帰郷して
1988年に開星高校の
野球部を創設、初代監督に。

1993年に甲子園初出場をして
春に2回、夏には7回も
甲子園へと導きますが
2010年センバツで
21世紀枠の向陽高校に敗北。
その際に野々村直通監督は
以下のようにコメントし問題に。

「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」
「切腹して○にたい」

この発言で監督を一時辞任するも
復帰嘆願の署名もあり
2011年4月に監督復帰。

2012年4月には定年退職し
それ以降は教育評論家へ。
 

【スポンサーリンク】

 

■野々村直通監督の発言の真意

野々村直通監督はなぜ
「末代までの恥」と
言ったのかと言うと
主に以下のようにコメントをしています。

「負けると何もかも嫌になる」
「それくらい勝利に執着」
「中国大会優勝校として
負けてはいけないというのがあった」
「相手を侮辱したつもりはなかった」

野々村直通監督は
34年間野球の監督をしてきて
そのうち甲子園出場は10回。

毎回命がけで、負けると毎回
人生が終わったような
気がしてとのこと。
野々村直通監督はそれだけ本気だったので
「腹を切りたい」という発言が
出てしまったとのこと。

ちなみに野々村直通監督は
2011年9月には鼠径ヘルニアの
手術をうけるため結果として
「腹を切った」ことになってます。

■野々村直通監督の娘

野々村直通監督には
嫁の喜代子さんの間に
二人の娘がいます。

長女の名前はまり子さん。
2011年8月にインタビューに答え
「末代までの恥」発言で

バッシングを受けていた
父親である野々村直通監督の気持ちを
「わかる」「がんばれ」と
言ってくれた人もいて
救われた気持ちもあると告白。

そんな野々村直通監督と娘の
あるエピソードが
話題になったのが2016年9月8日。

長女ではなく次女とのエピソードですが
野々村直通監督は娘が小学3年生の時に
ある理由から髪を掴んで
自宅のリビングで引きずり回したことを告白。

娘は現在も「私はモップになった」
などと語っていると明かしていました。

とはいえ「末代までの恥」発言の
バッシング時には
野々村直通監督ら家族4人で
泣いたことを嫁が明かしているので
少なくとも2011年時点での
娘達との関係は良好。
 

【スポンサーリンク】

 

■現在は似顔絵ギャラリーも

外見がまるでその筋のものな
野々村直通監督。
しかしコワモテな外見なものの
担当科目は美術であり
「山陰のピカソ」とも言われています。

そして現在は似顔絵絵師に転身しており
1名分の似顔絵は5000円、
2名分の似顔絵は8000円などで
公式サイトにて注文を受けていたり。

場所はGoogleMapで言うと
こちらになります。


 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

ちなみに野々村直通監督は
娘のエピソードなどからも
わかるように体罰は必要なことは
あるといったスタンス。

そのため尾木ママとは
そのスタンスの違いから2014年11月の
「ビートたけしのTVタックル」で
「体罰としつけ」で議論を繰り広げました。

ちなみに2016年9月22日の
「バイキング」でも
「仏の尾木ママVS鬼の野々村直通」
といって意見が対立していました。

この当たりは難しいところ。
多分野々村直通監督と
尾木ママで想定している
体罰というのが違うんですよね。

そのあたりがズレていると
絶対に話は平行線と言うか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください