大菅小百合が結婚した旦那は秋本真吾。子供も3月に生まれたばかり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元スピードスケート選手である大菅小百合
夏と冬のオリンピックに出場経験のある大菅小百合が

結婚した旦那も元陸上競技選手の秋本真吾で
2人の間には子供が2017年に生まれたばかり。

今回はそんな大菅小百合と
結婚した旦那の秋本真吾と
子供について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大菅小百合について

名前:大菅小百合(おおすが さゆり)
生年月日:1980年10月27日
出身:北海道標津郡標津町

大菅小百合は1999年に三協精機製作所に入社し
2002年のソルトレイクシティオリンピックに
スピードスケートで出場。

元々スピードスケートのトレーニングで行っていた
自転車競技でも実力を発揮し
2004年にはアテネオリンピックに
自転車女子で出場をし

2006年にはトリノオリンピックに
スピードスケートで出場と、
3季連続でオリンピック出場をするという
まさに第一線のプロアスリート。

スピードスケート女子500メートルの
前日本記録保持者でもありますが

2010年のバンクーバーオリンピックを
目指していたものの不調で、
2011年6月に現役を引退しています。

また、大菅小百合の妹の小原淳子も
元スピードスケート選手で
大菅小百合と同じく三協精機に所属し
後に大菅小百合のマネジメントをしています。

妹は2010年には三協精機の元スピードスケート選手で
大菅小百合の同僚でもあった小原唯志と
10年の交際を実らせて結婚。
 

【スポンサーリンク】

 

■大菅小百合と旦那の秋本真吾の結婚と子供

妹が2010年に結婚をした大菅小百合ですが
2014年8月には元陸上選手の
秋本真吾と結婚したことが発覚しています。

大菅小百合と秋本真吾が出会ったのは
2013年8月に北海道で開かれたスポーツイベント。
このときに二人は既に現役を引退していて
コーチの勉強になるかもしれないとして連絡先を交換。

一ヶ月後に2人で会って食事をすると
大菅小百合が秋本真吾に惚れてしまい
交際を開始して結婚しようと猛アタック。
結果交際してから4ヶ月でスピード結婚に。

また、2016年10月には
大菅小百合は妊娠を発表。
2017年4月に出産予定であるとしていました。

しかし本来予定日は2017年4月14日であったものの
予定日より26日早く、2017年3月20日に
子供を出産したことを報告しています。

ちなみに子供は女の子で
元スピードスケート選手であり
自転車競技選手でもる大菅小百合の

筋肉の発達した太ももに似ていると感じているようで、
そこだけは旦那の秋本真吾に
似て欲しいと切実な思いを抱いています。

■おわりに

大菅小百合と旦那の秋本真吾、
そして妹の小原淳子とその旦那の小原唯志は
全員がアスリートと、子供もやはりアスリートになるのかと
ついつい期待をしてしまう。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA