大砂嵐は現在追突事故…事実上無免許。故郷で結婚した嫁も同乗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

このところ不祥事で揺れる角界。
そんな中で十両の大砂嵐が
事実上無免許で追突事故を

起こしていたことが明らかになりました。
今後書類送検される見込みとのことです。

また、追突事故を起こした際には
故郷エジプトで結婚した嫁も
同乗をしていたことが
報じられています。

今回はそんな大砂嵐が
現在起こしたとされる
追突事故についてと

車に同乗していた、
2016年に結婚した嫁について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大砂嵐について

名前:大砂嵐(おおすなあらし)
本名:アブデラフマン・アラー
エルディン・モハメッド
アハメッド・シャーラン
生年月日:1992年2月10日
出身:エジプト・ダカリーヤ県

大砂嵐は11祭でボディービルを始めました。
最初は相撲は象と象が
押し合うようなものという印象で
かっこ悪いとしか思えませんでした。

しかし相撲をして自分の
半分程度の体重の相手に惨敗。

それから相撲に興味を持ち
パソコンで相撲のことを調べたという。

大砂嵐という名前は本名の
シャーランから来ています。
シャーは砂、ランは嵐。

2011年に来日をし、6つの相撲部屋で
入門を断られますが
大嶽部屋に入門をし、
トイレ掃除やちゃんこ番など

日本人力士と同様の仕事をこなし
全てをやりきって2012年の
春場所で初土俵。
2013年の九州場所で新入幕。

2018年現在は西十両八枚目
となっています。

また、大砂嵐はイスラム教徒であり
ラマダン(断食節)と重なった気も
夜明けから日没まで食べ物、
水を口にできませんが
それにも耐えています。

大砂嵐の人となりが
わかる動画はこちら。
エジプト考古学者の
吉村作治との対談となっています。


 

【スポンサーリンク】

 

■大砂嵐の追突事故

そんな大砂嵐ですが
2018年1月初めに長野県内で
車を運転中に追突事故を
起こしていたことが
2018年1月21日に明らかに。

大砂嵐は故郷エジプトで
結婚した嫁と車に乗っていて
長野県山ノ内町で無免許で
車を運転し、前の車に追突する
事故を起こしています。

事故の際に大砂嵐は
「国際運転免許証をもっている」
としていましたが
無効状態であったために
事実上無免許運転に。

その後大砂嵐は嫁と弁護士ととともに
警察署に向かいましたが
この時に嫁が大砂嵐をかばってか

自分が運転していたと説明するも
防犯カメラ等から大砂嵐が
運転していたと判明したと
NHKでは報じています。

しかし大砂嵐も本人は
運転をしておらず、
嫁が運転をしていたと否定をしています。
どちらの言い分が
正しいかは正直現在のところ不明。

2018年1月22日1:25追記

毎日新聞の報道によると
追突事故が起こったのは2018年1月3日。
長野県警への出頭は2018年1月7日。

大砂嵐は国際免許は取得しておらず。
妊娠中の嫁がエジプトで
発行された免許で
運転をしていたとしています。

また、朝日新聞デジタルによると
2018年1月21日23時すぎに
大砂嵐は両国国技館で
聴取を終えていますが

その後報道陣の問いかけには無言。
弁護士が忖度をすると
妊娠中の嫁が車に同乗していたために
どう説明すべきか
困惑をしているとのこと。

また、報道されていること全てが
事実ではないとしています。

何が報道されたかはわからないものの
正月明けに大砂嵐の嫁が
運転していた車が事故を
起こしたのは事実としており
大砂嵐は一度もハンドルを
握っていないと主張。

追記おわり

■事実上の無免許の理由

海外の免許証を取得していれば
日本にきてから1年間は国内で
運転ができますが

長期滞在する外国人の場合、
運転可能期間が終わる直前に
帰国して運転免許証を
更新するケースがあったことから

運転免許証を取得して
日本で運転する場合は
日本を出国してから3ヶ月以上
海外に滞在することが必要に。

3ヶ月未満で取得した
国際運転免許証は日本では
現在は無効ということに。

参考:警視庁ホームページ
 

【スポンサーリンク】

 

■大砂嵐の嫁

大砂嵐は2016年6月上旬に
エジプトに里帰りをしていましたが

2016年6月13日に
エジプトのテレビ局で
大砂嵐と嫁の結婚が報じられました。

嫁はカイロ大学の
日本語学科に在籍する女性で
大砂嵐とは日本留学中に知り合い、
交際3ヶ月で結婚をしたとのこと。

参考:デイリー新潮

■おわりに

大砂嵐の追突事故は
事実上無免許扱いになっていますが
実はそもそも相撲協会は
内規で現役力士の車の運転を
禁じてもいます。

これは1985年に水戸泉が
交通事故を起こして負傷をしたため。

また、2000年12月に
闘牙進が事故を起こし
2001年1月場所の出場辞退、
師匠が降格処分となっています。

力士が運転禁止の理由は
単純に体が大きいため
というのではなかったのは
個人的には少々意外。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA