大坂なおみ大金星!ハーフで国籍は日本だが日本語話せないため勉強中

ここの所大金星が続いている大坂なおみ
テニス女子ツアー決勝で
ストレート勝ちをし
日本選手として初優勝。

4大大会に次ぐランクの大会であり
元世界ランク一位のシャラポワなど
多くの強豪に勝利して大金星を上げ
ついに優勝と物凄い。

今回はそんな大金星の
大坂なおみについて
ハーフではあり国籍を日本にしたことや

日本語話せないために
現在勉強中であることなどについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大坂なおみはハーフ

View this post on Instagram

Cool pic

A post shared by 大坂なおみ (@naomiosaka) on

名前:大坂なおみ(おおさか みなみ)
生年月日:1997年10月16日
出身:大阪府大阪市

大坂なおみは父、
レオナルドさんが
ハイチ系アメリカ人でコーチ。

母親の環(たまき)さんが
日本人でハーフ。
3歳の時にフロリダに移住をしています。
ちなみに大坂なおみと家族の画像はこちら。

また、釧路新聞によると
実は根室漁協の大坂鉄夫組合長は
大坂なおみの祖父であるとのこと。

そんな大坂なおみは父親の影響で
テニスをはじめ、2013年にプロ転向。
2014年のツアー大会で
ツアー本戦に出場をして
元全米覇者(2011年)の
ストーハーを破る大金星。

2016年にはグランドスラムに
初出場をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■国籍は2016年時点では…

そんな大坂なおみは
2016年1月時点では二重国籍であり、
日本とアメリカの二カ国が争奪戦を
繰り広げていました。

しかし2016年11月に日清食品と
所属契約を結んだこと、

2018年3月現在、大坂なおみの
WTAツアー、フェドカップ、

国際テニス連盟のプロフィールにも
国籍は日本と表示されていることから
現在の国籍は日本であると
見られています。

2017年1月に日本代表として
国別対抗戦のフェド杯に出ていますしね。

また、2017年10月には一部メディアにて
アメリカ国籍を取るかで迷ったものの
日本国籍を選択したとの記述も。
 

【スポンサーリンク】

 

■大坂なおみは日本語話せない?

大坂なおみはハーフであり、
幼少期からアメリカで過ごしているため
日本語話せないことが明かされています。

とはいえ全く話せない
というわけではなく、
以下のようにインタビューやCMで
大坂なおみの日本語を
聞くことは出来ます。

こちらが大坂なおみの
2016年のインタビュー。

こちらは2017年12月の
大坂なおみと錦織圭のCM共演の様子。
大坂なおみがちょっとだけ
日本語を話します。

そんな大坂なおみは
2016年時点では
日本語を勉強中だとして
以下のように語っています。

「時にはラップを聞いてるかのよう」
「質問の意図が聞き取れなかったことも」

■おわりに

大坂なおみの大金星が続くのは凄い。
2018年3月7日から18日に行われた
BNPパリバ・オープンで大坂なおみは
優勝をしたわけですが、
大坂なおみは世界ランク44位。

1回戦は元世界ランク1位、
現在41位のM・シャラポワを
ストレートで下し勝利。

2回戦は元世界ランク2位、
現在は世界ランク32位の
A・ラドワンスカをストレート。

3回戦は世界ランク100位の
S・ヴィケリーをストレート。

4回戦は世界ランク58位の
M・サッカリをフルセットで撃破。

準々決勝は元世界ランク1位、
現在5位のカロリナ・プリスコバを
ストレートで撃破

準決勝は世界ランク1位のハレプ。
今まで3連敗でしたが
なんと再びストレートの大金星。

決勝は世界ランク19位で
大坂なおみとは初めての対戦となる
ロシアの新星、ダリア・カッサキーナ。
こちらもストレートで破ります。

ここまで行くと大坂なおみの実力は
疑いようがありませんし
次からは勝利しても
大金星と言えなくなる…!?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください