瀬戸大也と馬淵優佳は結婚も同居はまだ。交際秘話では別れを考えたことも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年5月に結婚をした瀬戸大也と馬淵優佳。
結婚はしたものの少なくとも2017年8月には同居はまだであり
年内に出来たら良いとは語っています。

そんな瀬戸大也と馬淵優佳ですが、
実は交際期間中に別れを考えたことも…。
今回は瀬戸大也と馬淵優佳の結婚と

何故別れを考えたのか、そして現在は
どう思っているのかについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■瀬戸大也と馬淵優佳の結婚

瀬戸大也はJSS毛呂山、
馬淵床は兵庫のJSS宝塚で
幼少期からトレーニングを積んでいたため

2014年11月に開かれたJSSの水泳大会で
瀬戸大也と馬淵優佳は意気投合。

瀬戸大也は2014年11月22日に告白をし
2年半の交際を実らせて
瀬戸大也の23歳の誕生日である2017年5月24日に結婚。

また、2016年の夏頃からインスタで
瀬戸大也と馬淵優佳は
似たような場所の写真を撮っていることもあり
熱愛がささやかれていた時期もありました。

ちなみに瀬戸大也の母親によると
本当は2017年11月22日、交際記念日に
結婚をあわせたかったようですが待ちきれなかったよう。
プロポーズも2016年11月22日にしており
その時にOKを貰っていたとの事。

結婚式と披露宴は2017年秋に行う予定であり
瀬戸大也は関東、馬淵優佳は関西が拠点のため
同居はまだできず、2017年内に
出来れば良いと考えているようです。
 

【スポンサーリンク】

 

■瀬戸大也と馬淵優佳には破局危機も…

そんな馬淵優佳にぞっこんである瀬戸大也ですが、
実は一度破局危機もあったことを瀬戸大也が語っています。
とはいえ決して険悪になったというわけではありません。

瀬戸大也が別れを考えた理由は
2017年7月3日の「報道ステーション」によると
2015年に行われた世界水泳の時。
この時3種目を終えた瀬戸大也は結果を出せずにいました。

そのために馬淵優佳との交際はプラスではないのかと思い
もし明日の400m個人メドレーで
金メダルを取れなかったら

別れを考えると馬淵優佳に告げます。
ですが負けたら失うという事を力に変えて見事に連覇達成。
破局危機は無事に回避されました

■おわりに

そして瀬戸大也と馬淵優佳が結婚してから
2017年6月には馬淵優佳が結婚後の初戦となる
「飛び込み日本室内選手権」では3位と表彰台に上がり、

瀬戸大也も2017年7月に行われた水泳の世界選手権で
200mバタフライと400m個人メドレーで銅メダルを獲得。

瀬戸大也と馬淵優佳が揃って
初めて同一大会に出場した、2017年8月に
台北で行われた競泳のユニバーシアードでは
瀬戸大也は400m個人メドレーと800mフリーリレーで金メダル、
200mバタフライと200m個人メドレーで銀メダルを獲得。

馬淵優佳も女子団体で銅メダルを取るなど、
夫婦そろってメダルを獲得しています。

結婚したことによってお互いに
良い刺激を受けあっているのかもしれません。

ちなみに瀬戸大也は馬淵優佳に
「馬が飼いたい、車はいらないから駐車場に馬」と言ったり。
馬淵優佳はそんな瀬戸大也の大胆過ぎる発想に驚いているよう。
結婚後に本当に馬がいたら凄い。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA