貴景勝が再負傷!母親は美人で父親の職業は保育園経営者一族

貴景勝が再負傷。
2019年5月に右膝。
2019年9月に左大胸筋肉離れと
再負傷したことになります。

貴景勝は九州場所出場危機が…。
今回は貴景勝の財布症についてと
貴景勝の母親について、
そして父親の職業が保育園経営者の
一族であることについてみてみましょう。


 

 

■貴景勝が再負傷

貴景勝は2019年5月16日、
大相撲夏場所の5日目に
右膝内側側副靱帯損傷で負傷。

2019年5月19日に再出場をするも
2019年5月20日に
右膝内側側副靱帯損傷、
右膝骨挫傷で再負傷。

2019年7月の名古屋場所を
全休し関脇に転落。
しかし秋場所で10勝2敗、
来場所で大関返り咲き。
2019年9月22日には幕内優勝決定戦で
貴景勝は御嶽海と対戦し敗北。
この時に貴景勝は左胸を負傷。

この再負傷で貴景勝は
左大胸筋肉離れと診断をされ
6週間の加療期間が必要に。

■再負傷で手術はなし

貴景勝はこの再負傷で
手術はしない方向。
上半身のトレーニングはせず、
下半身のトレーニングをする見込み。
貴景勝は秋巡業は全休。
 

 

■貴景勝の母親は美人

貴景勝の母親が話題になったのは
2018年11月25日、
九州場所で初優勝をした際。
貴景勝の母親である純子さんは当時50歳。
とても美人であるとして大きく話題に。

そんな貴景勝の母親ですが
実は当初は教育ママ。

貴景勝が生まれる前から
幼児教育プログラムの教材を購入。
小学1-2年の頃は3つの塾に通わせ、
空手に水泳やサッカー、体操に柔道、
そして相撲と6つも習っていました。

そして小学2年生の時に貴景勝は
勉強が疎かになり貴景勝は
ストレスから体調不良へ…。
そのことで母親は貴景勝の限界に気づき
塾なども全てやめさせ、
最後に残ったのが相撲。

■貴景勝の父親の職業は保育園経営者の一族

貴景勝の父親、一哉さんは
一族で保育園経営をしている一族。
確かに芦屋には経営者が
「佐藤」という名字の保育園が存在。

また、貴景勝の父親は
もともと自分も空手しており
極真会館では負けなし。

そのため貴景勝に5歳から
本格的に稽古をさせたとのこと。

貴景勝の父親の職業については
2018年11月29日の女性セブンにて
明らかになっています。

また、貴景勝は高級住宅街の
芦屋に住んでいることもあり
貴景勝の実家は金持ちである、
というエピソードは
コレ以降も度々出されています。
 

 

■おわりに

貴景勝は左大胸筋肉離れで再負傷。
九州場所で大関復帰を決めましたが
この財布症により出場について
大きな影響が出そうです。

この再負傷について
貴景勝本人は
「そっとしておいて」と
コメントをするのみ。

秋巡業の休場で貴景勝は
九州場所にまでは回復が出来るのかどうか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました