内村航平のリンガーハット契約理由は長崎が縁。契約金は二の次だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年11月にコナミを退社し
プロ活動を始めた内村航平

2017年3月には長崎ちゃんぽん店を
全国に展開するリンガーハットと
所属契約をしました。

その契約理由はリンガーハットも
創業が長崎で内村航平も
出身地が長崎であるという縁で
提示された契約金は他の企業の方が
高かったともされています。

今回はそんな内村航平の
リンガーハット契約理由と
契約金などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■内村航平のプロ転向の背景

内村航平は2011年4月に
日本体育大学を卒業し、
コナミスポーツに入社。

そして2016年11月には
コナミスポーツを退社し
プロ活動を開始しています。

元々内村航平はプロ活動をするのは
かなり前か考えています。
その理由としては体操をより多くの人に、
特に子供たちに普及させたいという
思いがあるため。

体操はあらゆるスポーツの基礎であり、
体操や水泳を幼少期に経験していれば
経験していない子供と比べると
運動能力に差が出ると聞いたことがあるため。

また、内村航平は現役は
2020年前後までと決めており、
東京五輪で引退をする予定。

内村航平が引退をしても
その先のほうが長いため
現役引退した後に自分が何をしたいか
まだ見えておらず、

プロとして活動の幅を広げ
引退後のことについても
その過程で見つけたいという思いが
あったとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■リンガーハット契約理由

内村航平がリンガーハットと
所属契約を結んだのが
発表されたのは2017年3月6日。

契約期間は2017年3月から
2021年12月までのおよそ5年間。

内村航平はリンガーハットとの
契約理由について出身地と創業地が
同じ長崎という縁が
あったためとしています。

また、契約金は
総額4億円であるとしており
他の企業の方が契約金の
提示額が多かったとも
一部では報道されていました。

■他の契約理由

また、内村航平がリンガーハットと
契約をしたのは単に
出身地・創業地が
同じだったというだけではなく、

他にも内村航平は
幼少期に野菜が苦手だったものの
ちゃんぽんの野菜は
リンガーハットで食べていた
という思い出も後押し。

また、リンガーハット側が
明かす契約理由としては

内村航平の子供たちに
体操の楽しさや素晴らしさを伝え
体操の普及を目指す姿に共感し、

内村航平の「日本の体操が1番と
証明し続けていきたい」
という思いに賛同したため
だとしています。

そのため2020年の東京五輪が
終わってから一年以上経つ
2021年12月までが契約期間。

もし東京五輪で引退をしても
リンガーハットが行っている
食育教室などで力を
貸してもらいたいとしています。

■リンガーハットのイベントに参加

そうして内村航平は
2017年11月26日には
リンガーハット・とんかつ濵かつ
PRESENTS「内村航平交流イベント IN長崎」
を行っています。


 

【スポンサーリンク】

 

■内村航平のプロ契約

内村航平がリンガーハットと
した契約は所属契約であり、

他にも幾つかの企業と
プロ契約を行っています。
現在契約しているのはこちら。

2016年12月~
アシックス
アドバイザリー契約

2017年4月~2021年3月31日
テーブルマーク
スポンサー契約

2017年6月~
ジョイカルジャパン
スポンサー契約

2017年10月~
ロンジン社(スイス)
エレガンスアンバサダー就任

2017年12月~
明光ネットワークジャパン
スポンサー契約

■おわりに

内村航平はリンガーハットと
所属契約を結んでいますし
これで様々な活動をすれば

内村航平の希望通り
子供やその親達が体操に
関心を持つ可能性は高そう。

内村航平の母の内村周子も渋谷区の
体操教室「すぽっと」で
講師として勤務をしていますし
コラボもそのうちあるのでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA