山口俊がトラブル疑惑で先発回避。FA理由のブーイングに耐えていたが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

巨人の山口俊投手がトラブルで
警備員を負傷させた疑惑が生じ、
巨人が当面の起用を自粛することを発表しました。

山口俊はFA宣言してDeNAから巨人へ移籍をしたため
それを理由に容赦のないブーイングが起こり、
それに耐えていた矢先の出来事。

今回は山口俊のトラブル疑惑についてと
FA理由のブーイングについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■山口俊のトラブル疑惑

山口俊は自分の誕生日である
2017年7月11日未明に
都内の飲食店で友人と飲酒をしていました。
その際に右手甲を負傷。

そのまま都内の病院に
向かったものの、院内の扉を破壊。
男性警備員を負傷させたなどの
トラブルの疑いが持たれ

巨人側は事実関係を調査するとして
2017年7月18日に発表をし、
当日予定されていた山口俊の先発を回避しています。

山口俊から巨人にトラブルを
報告していなかったとのことなので
今のところ事実かどうかは不明です。
 

【スポンサーリンク】

 

■山口俊のFA

山口俊は2016年10月に、オフシーズンに
FA権の行使を検討していることが発覚。

そうして2016年11月にはFA権を、自分の評価を
聞いてみたいとしてFA権の行使の意志を
明らかにし、申請書類を提出。

2016年11月11日には山口俊は
巨人と交渉をして好印象。

2016年11月29日にはDeNAの幹部と会談をし
総額3年5億円以上で条件を提示したものの引き止められず。
他球団に移籍する意志を固めました。

巨人は3年6億円を提示したのもつかの間、
なんと中日が5年10億円を提示します。
そうした中で山口俊は選手会の納会で
「(移籍を決める基準は)誠意が一番」と発言してしまい炎上。

最終的に巨人が4年8億円を提示し、
2016年12月5日に山口俊は
巨人に入団を正式に発表しています。

■山口俊がブーイングも…

古巣DeNAと初対戦となる2017年7月2日。
上記のFA騒動を理由に、
山口俊はブーイングを予想してはいるものの

興味がなかったら何も言わないでしょうし
逆にありがたいと発言。

実際の試合ではやはり大ブーイングが起こり、
最初は気にしなかったものの
最終的にはブーイングで調子を崩してしまったのか
移籍後初対戦は4回9安打6失点KOとなってしまいました。

■おわりに

山口俊のトラブル疑惑は
まだ確定ではないのでなんとも言えませんが
ブーイングをされても腐らなかった姿を見せたばかり。

一体どのような状況だったか
きちんと事実確認をしてから
もう一度巨人からの正式発表が待たれます。

しかし山口俊のトラブル疑惑が
事実であったとするのなら、
4年8億契約で1年目からこれだと
とても手痛いことに…。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA