滝沢カレンの母親、宮沢さゆりが癌でなくなっていた。共演も経験

日本語が独特の味がある滝沢カレン
その理由は母親である宮沢さゆりが
通訳の仕事をしていたのが一端。

滝沢カレンは母親の宮沢さゆりと
テレビ番組で共演も果たしていましたが
現在は既に癌で
なくなっていることが明らかに。

今回は滝沢カレンの母親、
宮沢さゆりについてと
現在すでになくなっていることが
明らかになったことについて
みてみましょう。


 

 

■滝沢カレンの母親、宮沢さゆり

滝沢カレンの母親、宮沢さゆりは
小さい頃から親に内緒で
バレエをしていました。
しかし壁にぶつかってしまい、
ロシア語で学べば解決するのでと思い親に相談。

親はロシア語を学ぶのは許可しますが
「バレエを辞める」のが交換条件。
その際に宮沢さゆりは
ロシア語を勉強する道を選び、
高校卒業後にソビエトに語学留学。

留学中はバレエをメインにし
帰国をした際にバレエレッスンの
通訳の仕事を担当。
そして新国立劇場で通訳をし
表参道で父親が経営していた
建築事務所の代わりにバレエスタジオ
「リビーナ」を半ば無理やりオープン。

そのように滝沢カレンの母親、
宮沢さゆりはバレエ教室の経営と
ロシア語通訳を行う
キャリアウーマンでした。

ちなみに滝沢カレンの父親はウクライナ人。
宮沢さゆりと父親は
滝沢カレンを妊娠中に離婚。
仕事で忙しかったために
基本的には母親ではなく祖母が
滝沢カレンの面倒を見ていました。
 

 

■母親が仕事につれていったことが滝沢カレンの日本語に…

滝沢カレンというと
少々独特な日本語で人気。

母屋によると滝沢カレンの
日本語が少し変なのは
通訳の現場に小さい頃から
連れて行ったのが一つの要因では
ないかと明かしていました。

■宮沢さゆりが現在なくなっていた

そんな滝沢カレンの母親、
宮沢さゆりが現在既に癌で
なくなっていることが
2019年8月6日、デイリー新潮にて明らかに。

つい最近なくなったというわけではなく
2018年7月に癌でなくなったとのこと。
滝沢カレンは母親が56歳でなくなる直前まで
同じマンションで過ごしており、
葬式でも喪主を務めたとしています。

滝沢カレンの母親、宮沢さゆりが
癌でなくなったことについて
滝沢カレンの事務所は
事実であると認めました。
 

 

■滝沢カレンは母親と共演も

滝沢カレンは実は母親の
宮沢さゆりとは番組で幾度か
共演をしています。

2016年4月12日には
「踊る!さんま御殿」にて母親と共演。
このときは滝沢カレンが忙しくて
めったに会えないため
久しぶりにあったと話していました。

2017年3月26日には
「誰だって波瀾爆笑」にて
滝沢カレンは母親と共演。

このときは母親が髪を毎回のように切る人で
テーブルマナーが厳しかったこと、
基本的に和食ばかりで
食事中はオペラが流れていたりと
どこか不思議な空間であったことを披露。

■おわりに

また、滝沢カレンは
2015年10月8日には
「浜ちゃんが!」にて出演。

この時に滝沢カレンは
母親の宮沢さゆりには
ウクライナ人の彼氏がいて
宮沢さゆり、彼氏、ゲイの男性と
三角関係になっているというエピソードも披露。

2017年4月に滝沢カレンは
「特盛!よしもと」に出演。
この時に母親がウクライナ人好きで
ウクライナ人の魅力を力説。
現在もウクライナ人の彼氏が
いるとも明かしていました。

しかし滝沢カレンの母親、宮沢さゆりは
滝沢カレンと番組で度々共演をしていましたが
まさか癌でなくなって
1年以上経ってからそれが発覚するとは…。



コメント

タイトルとURLをコピーしました