仁科克基と元嫁・多岐川華子の離婚理由が凄い。破局後も復縁希望だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

恋多き男である仁科克基
自らの父親は松方弘樹で母親は仁科亜季子。

元嫁の多岐川華子も母親が多岐川裕美と
大物の子ども同士のビッグカップルですが
離婚理由についてがかなり凄い。

また、離婚して矢吹春奈と半同棲中であるにもかかわらず
今でも多岐川華子のことが好きなど
なかなか凄い発言をしています。

今回はそんな仁科克基と元嫁、多岐川華子の
離婚理由などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■仁科克基について

名前:仁科克基(にしな まさき)
生年月日:1982年9月2日
出身:京都府京都市

仁科克基は松方弘樹と
仁科亜季子の子供として生まれ、

1989年ごろには子役としてデビュー。
ドラマや映画、舞台などに出演をしていました。

2010年1月には多岐川華子と交際が報じられ
2010年10月に婚約を発表。
2011年1月には結婚をしています。

しかし2012年10月には
多岐川華子と離婚が成立。
離婚後は女性問題をネタにし、バラエティ番組などに
たびたび出演をするようになりました。
 

【スポンサーリンク】

 

■仁科克基と多岐川華子の離婚理由

仁科克基と多岐川華子は一年半での
スピード破局となり大きく話題になりました。

当初仁科克基は多岐川華子から
「離婚したい」とメールがきており
離婚理由がわからないと語っていましたが
後に多岐川華子はメールが離婚の理由ではないと強く否定。

仁科克基は高額な釣り竿を
毎週のように購入したり
キャバ通いを告白したりしていたため
そちらが離婚理由ではないかとされています。

■仁科克基の離婚後

仁科克基は離婚後の2013年8月に
タレントの矢吹春奈と交際を開始。
しかし交際後も週二回キャバ通いを続けており

矢吹春奈とは半同棲中でありながら
仁科克基は元嫁の多岐川華子も
今の彼女も好きだとまで言っています。

そうして2014年1月に仁科克基は
お持ち帰りした女性を矢吹春奈に見られたことで
2014年4月に破局したことが報じられています。

仁科克基の多岐川華子、矢吹春奈との破局の理由は
キャバ通いが原因ということになります。

仁科克基は一番好きなのは元嫁の
多岐川華子であるとあかしますが
パートナーがいても美しい人が好きだから

もし再婚できてもキャバ通いは
やめられないとまで言うという
あるいみ自分を貫いています。

■おわりに

仁科克基はなんというか本当に女性好きですよね。
ここまで貫かれるといっそすがすがしい気もしますが
あまり結婚には向かないタイプな気もします。

結婚せずに独身貴族でいたほうが
仁科克基のためにとっても良いのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA