元KARAク・ハラのリベンジ動画と土下座騒動…目の事を4月に

芸能

KARAク・ハラが自殺をしたと見られて大きく話題に。KARAク・ハラはリベンジ動画や土下座騒動、目の手術について自ら言及をしたことなどで騒動になりましたが…。今回は元KARAク・ハラのリベンジ動画と土下座騒動。そして目の手術を明かしていたことについてみてみましょう。

元KARAク・ハラのリベンジ動画騒動

出典:ク・ハラインスタグラム

ク・ハラのリベンジ動画騒動は単純なものではありません。まず最初ク・ハラは加害者であると報じられました。まずはク・ハラの元カレはチェ・ジョンボム。ヘアデザイナーであり、ク・ハラが出演していた美容番組で共演して交際に発展したと思われます。チェ・ジョンボムの顔画像はこちら。

ク・ハラと元カレ・チェ・ジョンボムのリベンジ動画、土下座騒動の経緯はこちら。

  • (2018年)9月13日にチェ・ジョンボムがク・ハラから暴行を受けたと通報。
  • 9月13日にク・ハラが事情聴取。喧嘩であり相互に傷を負ったと主張。
  • その後ク・ハラが暴行を受けたとする診断書が拡散。
  • 9月17日にチェ・ジョンボムが事情聴取。ク・ハラへの暴行は事実ではないと否定。
  • チェ・ジョンボムが撮影したリベンジ動画を送りつけ「芸能人性を終わらせてやる」と脅迫。
  • 9月27日にク・ハラがチェ・ジョンボムを強要や脅迫容疑で告訴。
  • 10月8日にチェ・ジョンボムの代理人事務所が「ク・ハラは事実と違う産婦人科医の診断書を提出」「映像流布犯とレッテルを貼っている」と主張。
  • 10月19日に逮捕状を申請されるもリベンジ動画を流出させた証拠はなし。
  • 10月24日に逮捕状棄却。

また、チェ・ジョンボムはインタビューにて以下のように答えています。

  • 今回の訴訟で家族が心労で倒れた。
  • 会社をクビになった。
  • リベンジ動画は事実無根。
  • ク・ハラの方から撮って欲しいと頼まれて送った。

一部ネットメディアではク・ハラがチェ・ジョンボムに対して動画を拡散させないで欲しいとして土下座をして懇願する姿と見られる場面の動画が拡散。その時にはチェ・ジョンボムがエレベータ内でタバコを吸う姿も確認されておりバッシングがされていました。

騒動は一応の決着?

ク・ハラと元カレ・チェ・ジョンボムのリベンジ動画・土下座騒動については2019年に収束しています。ク・ハラとチェ・ジョンボムの公判に関しては以下のような流れ。まずは初公判。

■2019年4月18日に特例法違反でチェ・ジョンボムに対する初公判。

「チェ・ジョンボムは2018年8月27日、携帯電話のカメラでク・ハラの背中や太もも、脚など後ろ姿をク・ハラの意志に反して撮影」「2018年9月13日には被害者の太ももを殴って被害者を起こし、侮辱的な言葉を放った後暴行を加えて14日間の治療を要する傷害を負わせた」

チェ・ジョンボムはこの脅迫や傷害容疑を否認。

二回目の公判は2019年5月30日。

■2019年5月30日に第二回公判。

2019年1月末にチェ・ジョンボムは傷害・脅迫容疑や器物損壊容疑を適用し在宅起訴。ク・ハラは傷害の疑いで送致されるも起訴猶予処分。ク・ハラは5月26日に自殺未遂を試みて病院に搬送され承認として出席せず。

第三回公判でチェ・ジョンボムは相変わらず否定

■2019年7月18日に第三回公判。

2時間行われた公判でク・ハラは非公開で証言。チェ・ジョンボムは容疑を頑なに否定し、リベンジ動画については同意の上で撮影したこと、ク・ハラは服を着ていて誰かに見せられない状態ではないと主張。

また、チェ・ジョンボムの顔がモザイクをかけられて報じられたことからメディアへの批判が殺到するなど飛び火をしています。

最終公判が行われるもやはり否認

■2019年7月25日に第4回公判(最終公判)

チェ・ジョンボムは相変わらず「撮影を提案してない」「公開されてもク・ハラが被害を受ける動画ではない」として容疑を否認。

ク・ハラはそれに対して「取材陣がいる場で映像の内容に言及することは不適切」「非公開だとしても不特定多数がいる場所で映像を再生されるのは受け入れがたい」とコメント。

結局チェ・ジョンボムは容疑を認めたのは「器物損壊」のみ。

そして2019年8月29日に第一審。

■2019年8月29日に第一審。

裁判所はチェ・ジョンボムに脅迫・強要・傷害・器物破損の疑いで懲役1年6ヶ月・執行猶予3年を求刑。これはク・ハラの主張を認めた結果となります。ただしリベンジ動画撮影に関しては無罪判決。ク・ハラは量刑が不当であるとして二審が予定されていましたが…。

チェ・ジョンボムのアカウントが非公開になる

二審がまだ予定されていたチェ・ジョンボムとク・ハラのリベンジ動画・土下座騒動。ある意味渦中の人物であるチェ・ジョンボムがSNSのアカウントを非公開にしました。もともとバッシングをされていましたが今回ク・ハラが自殺をしたことでチェ・ジョンボムにバッシングがされると考えられていたため、先手を打った形と見られます。

ク・ハラは現在は日本を拠点にしていたものの韓国に「用がある」と一時帰国。その時に自殺をしたために二審の準備であったりチェ・ジョンボムと何らかの用事があったのではとも推測されています。

ク・ハラは目の整形手術を4月に明かしていた

ク・ハラは2019年3月31日にインスタ画像を投稿。その時に目を整形したのでと一部ネットユーザーが指摘。そのコメントに対しク・ハラは「眼瞼下垂したことが罪ですか?」と返信し論争に発展。現在は投稿ごと削除されています。翌日にク・ハラはインスタを投稿。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

구하라(@koohara__)がシェアした投稿

ク・ハラは幼い頃から悪質なコメントに傷ついてきたこと、眼瞼下垂手術をしたのは症状が出たためであると反論をしています。ク・ハラの整形手術に関しては美容目的ではなく眼瞼下垂の症状を改善するためである事もありク・ハラへは応援の声が多数。

ク・ハラのリベンジ動画・土下座騒動に関する感想

ク・ハラのリベンジ動画、土下座騒動や元カレのチェ・ジョンボムに関するネットの感想はこちら。

  • こんなに軽い刑だったんだ被害者がかわいそう
  • こういう結末だと、この人一生悪者扱いだね。
  • この人が、ハラの人生狂わしたんだな
  • 本人も本来なら韓国で活躍して住み慣れた韓国の方が良かったんだろうけどね。韓国があれでは安心して暮らせない。。本当に若いのに可哀想だ。ツアーも無事に終わったのに韓国に帰って何かあったのかな。。
  • 日本で頑張ってて欲しかったな
  • 鬱病を告白して闘病中なのに何故仕事を休ませなかったんだろう。親友ソルリが亡くなった時わざわざインスタライブで追悼したのだろう。社会との断絶をさせて療養させてあげてほしかった。
  • ハラさん好きだったな。ハラさんが日本にしてくれた事忘れません。感謝しかありません。
  • 元恋人を苦しめたことを一生背負うべき。
  • この元彼が要因のひとつでもありそうだから徹底的に叩かれるんだろうね。負の連鎖にならないといいけど…。

韓国のSNSは日本以上に苛烈と話はよく聞きますので、SNSとはある程度距離をおいたほうが良いのかもしれませんね…。

■関連リンク:元KARAハラ自殺か。インスタで親友ソルリ自殺での号泣を1ヶ月前に…

コメント

タイトルとURLをコピーしました