市川染五郎には隠し子がいて認知もしていた。嫁と結婚する前に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

松たか子の兄であり、歌舞伎界の
革命児とも言われている七代目市川染五郎

実はそんな市川染五郎には
嫁と結婚する前に隠し子がいることが発覚し
その事実を本人も認めています。
今回はそんな市川染五郎の
隠し子騒動についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■市川染五郎の隠し子騒動

市川染五郎の隠し子騒動が発覚したのは
市川染五郎が当時24歳であった1997年7月。

かつて舞台で知り合った、過去には
ドラマのヒロインも務めたことの有る
6歳年上の元女優との間に
隠し子がいるということを
写真誌が報じます。

1997年7月10日には隠し子騒動について
市川染五郎が公園先の大阪で会見を急遽開き
以下のような事を語っています。

子供がいるのは事実。
6年前に誕生した私の子供です。

当時は真剣に交際をしており
交際をしており認知もしている。
破局についてはお互いそれぞれの道を
歩もうとうということになり
お互いのために
内緒にしておこうとして交流を絶った。

隠し子には一度も会ったことはなく、
これからも会うつもりはない。

また、このことは実妹の松たか子も
知らなかったようで
隠し子騒動が公になってから
初めて知ったという。

市川染五郎の隠し子は
18歳の頃の子供であり
大きく話題になりました。
 

【スポンサーリンク】

 

■市川染五郎と嫁の結婚

そうして隠し子騒動があった
市川染五郎ですが
2003年に暁星高等学校時代からの
友人である関園子と結婚。
1男1女に恵まれています。

長男の齋(いつき)は2005年に生まれ、
2009年には4代目松本金太郎として
歌舞伎の世界へ。

2018年には市川染五郎の
8代目の襲名予定です。

長女の薫子は2007年に生まれており、
2012年には芸名・松田美瑠として
舞踊の初舞台を踏んでいます。

ひと月の舞台はお休み、と言っても、あれやこれやのお仕事続き、夜は#スケート のお稽古、な感じの今月で、昨日は久しぶりに#お父さん と#晩ご飯 。これまたすごーく久しぶりの#シュラスコ 😋ひたすら肉🍖肉🍖肉🍖娘は#焼きパイナップル おかわり3回🍍🍍🍍どう見ても外国の方にしか見えない感じのいいお兄さんが、美しい包丁さばきで#肉 をスライスして下さり、チラッと見たら名前が『#市川さん 』👀✨何だか急に#親近感 湧いちゃいました💓ありがとう、市川さん🙏 #市川染五郎 #SomegoroIchikawa #familydinner #churrasco #meatlovers #bakedpineapple . ✴️#三代襲名 まであと296日

A post shared by 藤間園子/Sonoko Fujima (@sonoko_kouraiya) on

男の子には歌舞伎の道があるものの
女の子にはないため、
一つの現場を作ってあげたいという
市川染五郎の親心の賜物のよう。

親戚に松たか子がいるわけですしね。
十分歌の素養はありますし。
ちなみに芸名は「松田聖子」由来とのこと。

■おわりに

市川染五郎と嫁の園子さんが結婚をしたのは
隠し子騒動が発覚してから。
そう考えると嫁の園子さんは
懐が深いですよねぇ…。

しかし市川染五郎も
隠し子を認知していますし
今後も会うつもりはないとは
言っていたものの

何らかの援助なりはしてたりするのかが
少々気になるところ。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA